F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

現行F1チーム、コスワース・エンジンの優遇を警戒

williams_fw28_rear_l2_20090701192307.jpg
来シーズンのF1には新たに3つの新規参戦チームが登場することになったが、これらはいずれもコスワース・エンジンを搭載。
そのコスワース・エンジンには特別な優遇策が与えられることになっている。

これは、準備期間やリソース(有無形の資源)の不足等を考慮し、現行エンジンに課せられている18,000rpmという回転数の制限を、コスワースだけには設けないという優遇を与えるもの。
2006年のウィリアムズ&トロ・ロッソへの供給以来のF1となるコスワースは、当面その当時のエンジンをベースとして供給するものとみられるが、この時は最高が20,000rpmまでとされていた。

この優遇策についてブラウンGPのニック・フライ/CEOらは、同エンジン搭載チームのアドバンテージが大きすぎるのでは、と今から警戒している。

(FMotorsports F1GPより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 19:23 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「アロンソのフェラーリ移籍発表は9月」とスペインメディア

130142.jpg
スペインのメディアは、フェルナンド・アロンソのフェラーリ移籍が9月のイタリアGPで発表されるとの噂を報じた。アロンソのフェラーリ移籍の噂はここ2年間くすぶり続けてきたが、その真実がフェラーリのお膝元であるモンツァで明らかになるとスペイン紙は伝えている。

2007年シーズン末にマクラーレンを離脱して以来、アロンソのフェラーリ移籍の噂は常にくすぶり続け、彼とルノーとの契約には今シーズン末にチームを離脱できるオプションがあると言われている。

スペインのアス紙は、フェラーリにとってイタリアGPは重要な決定事項を報じる機会となっていることを指摘し、アロンソとともにスペインの金融会社サンタンデルもタイトルスポンサーとしてフェラーリに移籍することがモンツァで発表されるだろうと報じている。また、アロンソは2014年までの契約を結んでいるということだ。

しかし、アロンソがフェラーリに移籍した場合、キミ・ライコネンとフェリペ・マッサのどちらがチームを離れるのかについては不明なままだ。また、同紙はセバスチャン・ヴェッテルも2011年以降にフェラーリに移籍する可能性があると伝えており、今後数年内にフェラーリドライバーの大シャッフルが行われる可能性が残されている。

(GP UPDATEより)

| Formula 1 | 23:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ライコネン フィンランドでWRCデビュー

117739.jpg
キミ・ライコネンは、7月末にフィンランドで行われる世界ラリー選手権にスポット参戦することになった。ライコネンはこれまでにもイタリアやフィンランドでラリーに参加したことがあるが、世界最高峰クラスに参戦するのは今回が初めてとなる。

ライコネンは今年1月にフィンランドで行われたアークティック・ラップランドラリーに参戦し、13位を獲得した。また、最近ではイタリアのマルカで行われたラリー・デッラ・マルカにも参戦したが、こちらはクラッシュによりリタイアに終わっている。

ラリー・フィンランドは7月30日からスタートし、ライコネンは同郷のカイ・リンドストロームとともにフィアットのグランデプントS2000をドライブする。WRCプロモーターのISC代表であるサイモン・ロング氏は、「WRCは英雄たちや象徴的人物の上に成り立っていると以前に述べたことがあるが、キミ・ライコネンを越える人物は他にいない。チャンピオンシップにとって非常に素晴らしいニュースであり、彼がフィンランドで戦ってくれることに大いに興奮している」と語った。

(GP UPDATEより)

| Formula 1 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

USF1、ダニカ・パトリック起用の可能性認める

d_patrick_l2.jpg
晴れて2010年のF1参戦が認められた『USF1』だが、チームはそのポリシー通りアメリカ人ドライバーを起用する方針をあらためて認めている。

そして注目されるのはその中の有力候補としてダニカ・パトリックの名前が含まれているということだ。
すでにインディカー・シリーズのスター・ドライバーとして確固たる地位を築いた彼女の場合、スポンサー関係の問題など契約に漕ぎ着けるのは簡単なことではないとみられるが、実現すれば大きな話題になるのは必至だろう。

(FMotorsports F1GPより)

| Formula 1 | 14:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ウィリアムズ FOTA復帰に楽観的

121118.jpg
ウィリアムズチームは、水曜日にFIAと合意に至ったフォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション(FOTA)に復帰することを望んでいる。ウィリアムズは現在、フォースインディアとともにFOTAから除外されている。

ウィリアムズは、2010年のF1ワールドチャンピオンシップ参戦に向けてFOTAの意思に反して無条件でのエントリーを提出し、FOTAから除外される結果となった。水曜日にFOTAはFIAと合意に至り全10チームがエントリーを許可されたが、ウィリアムズチームはF1の将来の安定を支援するためにも再び組織に加わることを期待している。

「そうなることを期待している」と、CEOのアダム・パーは語った。「それは我々が望んでいることだ。フォースインディアや新チームとともに議論に加わることは不可欠である。週末にウィリアムズの立場について述べたが、我々は解決策が見つかると楽観的に考え、もう1つのシリーズのメリットに懐疑的だった。だから、この結果には非常に満足しているよ」

「各チーム、FIA、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)はコスト削減プログラムに傾倒してきたが、それはこのスポーツをより強固なものにし、将来に向けてここ数年よりも更によくすることを意味している」

(GP UPDATEより)

| Formula 1 | 14:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FIA FOTAとの合意について声明文を発表

128603.jpg
FIAは、これまで予算制限やレギュレーションについて論争を繰り広げてきたFOTAと合意に至り、2010年のチャンピオンシップに向けて声明文を発表した。この声明文の中で、代表のマックス・モズレーは今年10月の代表再選挙に出馬しないことを認めている。

FIAは下記のような声明文を発表した。

現在参戦している全チームがFIAフォーミュラワン世界選手権に誓約した。

・代替シリーズや代替チャンピオンシップはなくなり、2010年以降のルールは2009年4月29日に同意されたレギュレーションおよび2009年のレギュレーションとなる。

・今回の合意の一部として、各チームは2年以内に1990年代前半のレベルまでチャンピオンシップの参戦費用を削減する。マニュファクチャラーチームは、技術的援助の提供により2010年に向けた新規エントリーの支援に同意した。

・マニュファクチャラーチームは更に、このスポーツの運営組織であるFIAの恒久的かつ継続的な役割に合意している。また、FIAフォーミュラワン世界選手権の商業協定についても2010年まで誓約し、この期間内における契約の再交渉と延長に合意した。

・全チームは、1998年のコンコルド協定の改訂版管理規定を忠実に守る。

下記のチームは2010年FIAフォーミュラワン世界選手権に承認された。

チーム/コンストラクター
スクーデリア・フェラーリ・マルボロ/フェラーリ
ボーダフォン・マクラーレンメルセデス/マクラーレン・メルセデス
BMWザウバーF1チーム/BMWザウバー
ルノーF1チーム/ルノー
パナソニック・トヨタレーシング/トヨタ
スクーデリア・トロロッソ/STR・TBA
レッドブルレーシング/RBR・TBA
AT&Tウィリアムズ/ウィリアムズ・トヨタ
フォースインディアF1チーム/フォースインディア・メルセデス
ブラウンGPフォーミュラワンチーム/ブラウン・TBA
カンポスメタチーム/カンポス・コスワース
マノーグランプリ/マノー・コスワース
チームUSF1/チームUSF1・コスワース

新たな合意とフォーミュラワンの安定した将来の見通しを考慮して、FIA代表のマックス・モズレーは今年10月の再選挙に出馬しないことを認めた。

(GP UPDATEより)

| Formula 1 | 13:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FIA 2010年のエントリーリストを発表

127969.jpg
FIAは、水曜日に2010年のエントリーリストを発表した。分裂騒動で揺れたF1世界選手権は、今月12日に発表されたリストと同じ13チームで来シーズンを戦う。

以下が2010年のF1世界選手権に参戦する13チームだ。(カッコ内はエンジンメーカー)
スクーデリア・フェラーリ・マルボロ(フェラーリ)
ボーダフォン・マクラーレンメルセデス(メルセデス)
BMWザウバーF1チーム(BMW)
ルノーF1チーム(ルノー)
パナソニック・トヨタレーシング(トヨタ)
スクーデリア・トロロッソ(TBA)
レッドブルレーシング(TBA)
AT&Tウィリアムズ(トヨタ)
フォースインディアF1チーム(メルセデス)
ブラウンGPフォーミュラワンチーム(TBA)
カンポスメタチーム(コスワース)
マノーグランプリ(コスワース)
チームUSF1(コスワース)

(GP UPDATEより)

| Formula 1 | 12:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。