F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公式予選Q1:ヴェッテルがトップタイム、ウェーバーは脱落

123390.jpg
2009年F1世界選手権第4戦バーレーンGPは、まもなく公式予選Q1が始まる。セッション前の気温は38℃、路面温度は51℃、湿度13%でドライとなっている。風速6m近くの強い風が吹いている。

午前中のセッションでトップになったトヨタのグロックは、最後にトラブルでクルマを止めており、予選への影響が心配されている。

ピットロードのシグナルがグリーンに代わり、20分間の公式予選Q1がスタートした。

最初にコースに出ていったのはフィジケラ。少し遅れてチームメイトのスーティルもコースへと向かう。

スーティル、フィジケラはともにスーパーソフトタイヤを着用している。

開始3分35秒 フィジケラが1分35秒931のターゲットタイムをマーク。続いてスーティルが3秒遅れの1分38秒。

開始4分40秒 コヴァライネンが1分35秒542でトップに立つ。

開始5分 ピケが1分35秒455でトップタイム。続いてボーデが1分34秒514をマークしてこれを上回る。

開始5分40秒 スーティルが2番手タイム。その直後にグロック、トゥルーリが立て続けに2位に飛び込み、スーティルは4位に後退。

開始6分 ロズベルグが2番手タイム。ヴェッテルが4番手に入ってきており、現在の順位はボーデ、ロズベルグ、トゥルーリ、ヴェッテル、グロックの順。

開始7分 ウェーバーが6番手タイム。トゥルーリがセクター1、2をベストタイムで通過中。

開始7分20秒 トゥルーリが1分34秒117でトップに立つ。続いてロズベルグが2番手タイム。

開始7分45秒 ヴェッテルが1分34秒159の2番手。トゥルーリとの差はわずか0.04秒。ライコネンがセクター1,2をベストタイムで通過。

開始8分20秒 ライコネンがスーパーソフトタイヤで1分33秒648を出してトップに立つ。このセッション初の1分33秒台。全セクターでベストタイムを出しており、2番手のトゥルーリに0.5秒の差をつけている。

残り10分 マッサが1分33秒512でチームメイトを上回ってトップタイム。ライコネンもセクター1、2をベストタイムでそれを追うが、最後にタイムを落として2番手に留まる。3番手はヴェッテル。

残り8分55秒 スーパーソフトタイヤのハミルトンが1分33秒290でトップタイム。中嶋が4番手に飛び込んできた。また、現在バトンが7位、バリチェロは14位となっているが、この2台はまだミディアムタイヤでアタック中。まだタイムを出していないのはBMWの2台。

残り7分55秒 ブエミがセクター2でベストタイム。

タイムの上り方が激しく、路面がどんどん良くなっているのがわかる。最後に押し出されて脱落しないためには、最後のアタックをするタイミングが難しくなってきている。

残り6分20秒 クビサが6番手タイム。ハイドフェルドは10番手。

残り6分 ピケが6番手タイム。

残り6分を切ったところで、ノックアウトゾーンにいるのは16位ボーデ、17位ウェーバー、18位コヴァライネン、19位グロック、20位フィジケラ。また、アロンソが15番手にいる。

残り5分5秒 ハイドフェルドが5番手タイム。またフィジケラが14番手に浮上。アロンソがノックアウトゾーンに下がっている。

残り4分 ロズベルグが5番手タイム。中嶋は現在7番手。

残り3分30秒 コヴァライネンが19位から一気に2位に浮上。トップのハミルトンと2台のマクラーレンが並んだ。

残り2分45秒 グロックが1分33秒165で一気にトップに浮上。直後にチームメイトのトゥルーリが1分32秒779でトップを奪う。このセッション初の1分32秒台。

残り2分 全車が最後のアタックのためにコース上を走っている。ギリギリに出ていったのがBMWのクビサ。コース上の混雑を考えると、出て行くタイミングが難しい

残り2分25秒 ヴェッテルが2番手タイム。1分32秒台。

残り50秒 コース上でウェーバーとアロンソがあわや接触という場面。アロンソはアタックをあきらめる。またバリチェロが3番手タイム。

残り17秒 バトンが3番手タイム。これでブラウンGPが3、4番手に並んだ。

ここでチェッカーフラッグ。

ヴェッテルが1分32秒680でトップタイム。ハミルトンが3番手。アロンソは再びアタックをしたが、13番手。中嶋が8番手に飛び込み、なんとか通過。

ここでセッション終了。バーレーンGP公式予選Q1の結果は、1位ヴェッテル、2位トゥルーリ、3位ハミルトン、4位バトン、5位バリチェロ、6位ライコネン、7位グロック、8位中路今、9位マッサ、10位ハイドフェルド、11位コヴァライネン、12位クビサ、13位ピケ、14位アロンソ、15位ロズベルグ。Q1で脱落となったのは16位スーティル、17位ブエミ、18位フィジケラ、19位ウェーバー、20位ボーデの5台。

前戦中国GPで表彰台を獲得したウェーバーがQ1で脱落するという結果となった。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 23:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/102-3c6eae98

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。