F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーレーンGP決勝:バトン今シーズン3回目の優勝、2位はヴェッテル

残り10周 バリチェロが3回目のピットイン。ハードタイヤに交換して6秒6の作業でコースに戻った。彼はライコネンの前の5番手となった。

残り8周 中嶋がピットに入った。トップのバトンと2番手のヴェッテルとは12秒6の差がある。その後ろに1秒1差でトゥルーリが3番手となっている。

ピットに入った中嶋はクルマを降りてリタイアとなった。

残り7周 後方では15番手のマッサがフィジケラを強引にオーバーテイクした。フィジケラの後ろにはバトンが迫っている。

残り3周 7番手のグロックは前を走るライコネンにコンマ7秒に迫っているが、KERSを搭載するライコネンをなかなかオーバーテイクできない。

ファイナルラップ バトンとヴェッテルの差は7秒8まで迫ったが、追いつくまでには至らない。3番手にトゥルーリ、その後ろにハミルトン、バリチェロ、ライコネン、グロック、アロンソが続いている。

バーレーンGP決勝は、今シーズン初めてセーフティーカーの入らない平穏なレースとなった。優勝はブラウンGPのジェンソン・バトン、2位はセバスチャン・ヴェッテル、3位はヤルノ・トゥルーリとなった。

以下は、4位ハミルトン、5位バリチェロ、6位ライコネン、7位グロック、8位アロンソ、9位ロズベルグ、10位ピケ、11位ウェーバー、12位コヴァライネン、13位ボーデ、14位マッサ、15位フィジケラ、16位スーティル、17位ブエミ、18位クビサ、19位ハイドフェルドとなり、中嶋はリタイアに終わった。

10ポイントを獲得したバトンはドライバーズチャンピオンシップでのリードを広げ、合計31ポイントとなった。バリチェロは19ポイントで2位に浮上し、ブラウンGPが1ー2体制を築いている。

コンストラクターズでは、ブラウンGPが50ポイント、レッドブルが27.5ポイント、トヨタが26.5ポイントとなっている。フェラーリはやっと3ポイントを獲得した。

これでフライアウェイのレースは終了し、次戦の5月10日のスペインGPからヨーロッパラウンドが始まる。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/107-a4802370

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。