F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本GP決勝 ロレンソが優勝、ヤマハが1-2を飾る

123572.jpg
ツインリンクもてぎで行われた日本GP決勝は、フィアットヤマハのホルヘ・ロレンソが優勝を飾った。2位にはポールシッターのヴァレンティーノ・ロッシが入り、11番グリッドからスタートしたダニ・ペドロサが3位を獲得した。

午前中にどしゃぶりの雨が降ったもてぎだが、午後はさわやかに晴れた。コース上にはところどころ水たまりがあったものの、レースはドライコンディションの下で行われた。スタートではロッシが見事に飛び出してホールショットを奪い、クリス・バーミューレン、ペドロサ、ケイシー・ストーナー、ロレンソの順で続いた。ペドロサはすぐにバーミューレンを抜いて2番手に浮上し、ストーナーは6番手まで順位を落とした。母国グランプリを迎えた高橋裕紀はオープニングラップでニッキー・ヘイデンと接触し、残念ながらリタイアとなった。

序盤はロッシは速いペースで2番手以下を大きく離していったが、徐々に2番手となったロレンソに差を詰められていった。ロレンソはファステストラップを連発してロッシに迫り、9周目でロッシを抜いてトップに立つ。ロレンソはその後もトップを譲ることなく後続を突き放し、トップチェッカーを受けて今シーズン1勝目を挙げた。2番手となったロッシはレース終盤にペドロサにポジションを明け渡したものの、粘り強い走りで再び2位を取り戻し、2戦連続で2位を獲得した。オフシーズンに負傷したペドロサは、怪我をさすれさせる走りで今シーズン初表彰台を獲得した。

チャンピオンシップではロレンソが41ポイントでトップに立ち、ロッシが1ポイント差で2位につけている。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| moto GP | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/108-7637f70e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。