F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010年より4000万ポンドの予算制限

104092.jpg
FIAは、2010年より4000万ポンドの予算制限を導入することを決定した。チーム側はこの新しいシステムに難色を示しているものの、もしこれを受け入れれば可動ウイングの使用や無制限のテスト、無制限のエンジン回転数などが認められ、技術的な自由度が増すことになる。

この予算制限はFIA代表のマックス・モズレーによって提案され、当初は3000万ポンドの上限だったが、水曜日にパリで行われた会議で更なる検討を行った結果、4000万ポンドの金額に落ち着いた。

来シーズンのチャンピオンシップに参戦するチームは予算制限を受け入れるかどうかを明言しなければならず、技術的な自由を手に入れるか、現在のテクニカルレギュレーションを受け入れて無制限の予算を使い続けるかのどちらかを選ばなければならない。この制限は、マーケティング、ホスピタリティ、ドライバー俸給、FIAによる罰金やペナルティ、エンジンコスト、その他の支出(チャンピオンシップに影響を及ぼさない範囲)や税金など、チーム運営に関する支出をカバーすることになる。

技術的な自由の中で最も重点が置かれるのは、可動ウイングとエンジン回転数の制限撤廃だろう。また、チームはオフシーズンに無制限でテストを行うことができ、風洞の開発テストについてもスケールやスピードなどの制限もなくなる。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/113-24c0183f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。