F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モズレーの意見に疑問を持つドライバーたち

「フェラーリなしでも大丈夫」発言に首をかしげる
massa-sakhir-z-12_230409.jpg
政治的問題にあまりかかわらないマッサ

スペインGPのためにカタロニア・サーキットにやってきたドライバーたちは7日(木)、FIA会長マックス・モズレーが“F1はフェラーリなしでもやっていける”と発言したことに対して強く反発した。

F1に対して多大なる貢献をし、トップチームと呼ばれているいくつかの強力なチームは、モズレーが提案したバジェットキャップ(年間予算制限)に関して政治的な争いを開始している。

フォース・インディアのジャンカルロ・フィジケラは記者会見で「フェラーリがいなかったら、もはやF1ではない」とコメント。

さらに2冠王者のフェルナンド・アロンソ(ルノー)も、F1にフェラーリという有名なイタリアチームがいないことは「ありえない」と語っており、フェラーリ勢を打ち破って2008年ワールドチャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(マクラーレン)も「想像できない」と話していた。

一方パドックでは、フェラーリのフェリペ・マッサが自らを“政治的論争の中心”に置きたくないと語っていた。それでも、現在のF1に蔓延している政治的動きについては嫌いだとも述べている。

「より良いスポーツになれば素敵だね。政治的要素を少なくし、よりスポーツらしくするってことさ」

マッサの前任者として6年にわたってマラネロで戦ったルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)は、モズレーのコメントが“あまりにも論争を呼ぶもの”だと指摘している。

一方マーク・ウェバー(レッドブル)は、モズレーが提案する自発的なバジェットキャップ案を真っ向から否定する立場のようだ。

「2種類のレギュレーションが存在するなんて、僕らドライバーからしたらまったくもって魅力的ではないね。テニスの試合だって、同じレベルのラケットを使ったほうがいいに決まってる」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 18:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/132-1c6cd9ba

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。