F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

スペインGP決勝速報:バトンがトップ、ウェーバーが3番手に浮上

125552.jpg
23周目 バリチェロの無線で、「バトンは作戦を変更した」というコメント。ピットストップの長さを考えると、バリチェロは予定通りの3ストップ、バトンは2ストップに作戦変更したものと考えられる。

25周目 現在の順位は1位バリチェロ、2位ロズベルグ、3位バトン、4位マッサ、5位ヴェッテル、6位ハイドフェルド、7位ハミルトン、8位ウェーバー、9位アロンソ、10位フィジケラとなっている。

26周目 2番手を走っていたロズベルグがここでピットイン。ソフトからソフトへタイヤ交換して7.4秒でピットアウト。

28周目 トップのバリチェロと2番手バトンとの差は11.3秒、その3.2秒後ろにマッサ、0.9秒後ろにヴェッテルという並びになっている。

32周目 3ストップ作戦のバリチェロがピットイン。もう一度ソフトタイヤを履いてコースへと出て行く。ハイドフェルドとハミルトンもピットイン。両者とも1回目のピットストップで、またソフトタイヤを履いている。最終スティントを短くした2ストップ。

33周目 現在バトンがトップ、2位マッサ、3位ヴェッテル、4位バリチェロというオーダーとなっている。注目されるのは、バトンとバリチェロのどちらが前でフィニッシュするのか、そしてマッサとヴェッテルのどちらが表彰台に乗るのか、というところである。

37周目 9番手の中嶋が2回目のピットストップ。

38周目 実質の優勝争いをしているブラウンGPの2台。2ストップのバトンが現在トップ、3ストップのバリチェロが10.2秒遅れて4番手を走行中。両者ともあと1回ずつのピットストップを残している。バリチェロはこの差をこれ以上広げられると、優勝が難しくなってくるが、現在のラップタイムはバトンのほうが0.1~0.2秒程度速い。

40周目 バリチェロのラップタイムが上がらない。バトンとの差は10.8秒。少しずつではあるが、確実に差が広がりつつある。

40周目 マッサのクルマの左フロントのホイールカバーが外れて飛んでいる。

41周目 バトンとバリチェロとの差は11.3秒。ラップタイムは0.4~0.5秒程度バリチェロのほうが遅い。

43周目 バトンとバリチェロの差は11.8秒。1周あたり0.5秒ずつ差が広がっている。このままでは、バリチェロの優勝は難しい。

44周目 2番手マッサと3番手ヴェッテルが同時ピットイン。そのままの順位でピットアウト。マッサが5番手、ヴェッテルが6番手。2人とも最終スティントをハードタイヤで走る。

45周目 アロンソがピットイン。現在バトンがトップ、12秒遅れて2番手はバリチェロ。

47周目 11番手クビサ、12番手ピケがピットイン。

48周目 グロックがピットイン。

49周目 トップのバトンがピットイン。これが最後のピットストップとなり、あとは優勝をかけて最後まで走るだけとなる。

49周目 マッサがハードタイヤでの走行に苦労しており、1分25秒台のラップタイムで走っている。これに付き合わされているのがヴェッテルとロズベルグ。ヴェッテルは、このために表彰台を逃す可能性がある。

49周目 9位ハミルトンがピットイン。

バトンは3番手に復帰し、これで現在トップはバリチェロ、3.7秒後ろにウェーバー、11.7秒後方にバトン、その13.5秒後ろにマッサ、その後ろにヴェッテル、ロズベルグ、ハイドフェルドが数珠繋ぎになっている。

50周目 6番手ロズベルグがピットイン。上位でもう一度ピットストップが残っているのは、トップのバリチェロと2番手のウェーバー。

51周目 トップのバリチェロと2番手のウェーバーが同時にピットストップ。そのままの順番でピットアウト。バリチェロはバトンの後ろ2番手、ウェーバーが3番手でコースに復帰している。ウェーバーの後ろはマッサ、ヴェッテル、ハイドフェルドと続いている。

51周目 6番手ハイドフェルドがピットイン。

51周目 トップはバトン、7.1秒差でバリチェロ、2.7秒差でウェーバー、4.7秒おいてマッサ、そのすぐ後ろにヴェッテルというオーダーとなっている。このスティントで、コース上でバリチェロがバトンを抜けなければ、優勝はバトンということになる。

53周目 ほとんどのクルマが最終スティントをハードタイヤで走っているが、ラップタイムがかなり遅くなっている。トップのバトンが1分24秒台、2位バリチェロ以下は1分25秒台走っている。

54周目 マッサの無線。燃料をセーブしないと最後まで走りきれないかもしれないという指示。またもやフェラーリチームの作戦の甘さが垣間見える。

現在の順位は、バトン、バリチェロ、ウェーバー、マッサ、ヴェッテル、アロンソ、ハイドフェルド、ロズベルグ、ハミルトン、グロック、クビサ、ピケ、中嶋、フィジケラとなっている。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 22:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/144-7150a6e1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。