F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

不満のバリチェロ、チームに説明を求める

これ以上ナンバー2になりたくない
barrichello-barcelona-z-12_100509.jpg
作戦変更が功を奏して優勝をつかんだバトン

ルーベンス・バリチェロは10日(日)に、これ以上どんなチームメイトに対しても脇役を務めるつもりはないとはっきり表明した。

バリチェロのチームメイトであり、現在チャンピオンシップ首位のジェンソン・バトンの戦略をチームが2ストップに変更したために、バリチェロはスペインGPをバトンに次ぐ2位でフィニッシュした。

バリチェロはオープニングラップの1コーナーでバトンを交わし、序盤はトップを走行しいたものの、3ストップ戦略のままだった。「レースを手中に収めていたから、チームがジェンソン(バトン)を2(ストップ)に変更したと聞かされたときはかなり驚いたよ」とレース後に語るバリチェロ。

「なぜ彼らが戦略を変更したのか知りたいね」と付け足し、自身の3セット目のタイヤでスピードが落ちたことも説明していた。

Click here to find out more!
フェラーリに在籍していた6年間、バリチェロはミハエル・シューマッハの“ナンバー2”だった。評判の悪い2002年オーストリアGPでの無線騒動など、何度もチームオーダーに従ってきている。

「もしそんなことが起きたら、これ以上はどんなチームオーダーにも従わないよ」とバルセロナで報道陣に述べた。「今ははっきりとさせているから、誰もが知っている」

スペインGP決勝ではブラウンGPが故意にバリチェロより、チャンピオンシップ首位のバトンを有利にするために戦略を変更したのではないかと受け取れるが、バトンはその事実を否定。

「僕たちは優勝するためにここにいるんだ。だから今日は流れが僕の方に向いて、彼にはそうならなかった。次のレースでは流れが変わるかもしれないし、F1ではそんな風になっているのさ」とバトンは語っていた。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 14:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/146-1e3143b9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。