F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マッサとハミルトン、タイトル争い脱落を認める

「マシンは悪く、期待できない」とハミルトン
hamilton-barcelona-z-15_090509.jpg
レース終盤は防戦一方だったハミルトン

昨シーズンに最終戦までワールドチャンピオンシップを争った2名は、いずれも2009年のタイトル争いに絡めないと考えているようだ。

2008年シーズンはルイス・ハミルトン(マクラーレン)とフェリペ・マッサ(フェラーリ)がそれぞれドライバーズ選手権で1位と2位になった。しかし今シーズンはブラウンGPとレッドブルが速さを発揮している。一方でマクラーレンとフェラーリはいまだに表彰台を経験すらしておらず、中団グループに埋もれてしまっている。

ハミルトンはスペインGP決勝でポイント圏外の9位に終わった。「マクラーレンが僕に対し、チャンピオンシップを守れるマシンを用意できなかったことは残念だ。マシンは良くないよ。こんな調子じゃ期待できない」とレース後に『BBC』にコメントしている。

2008年にランキング2位だったマッサは今週末、確実に改善されたF60をドライブした。しかし、こちらも今シーズンのタイトル争いに挑む可能性を否定している。

「(タイトル争いの可能性は)ない、ない。僕らがすごく改善したとしても、彼ら(ブラウンGP)は0.3秒から0.4秒も速いんだ。今後も彼らはポイントを獲得し続けるだろう。タイトル争いなんて忘れたほうがいい」と完全にあきらめムードのマッサであった。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/148-cb632bcc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。