F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フェラーリを支持するマッサとライコネン

115368.jpg
2010年の予算制限を提案したFIAに対してF1撤退の構えも辞さないことを発表したフェラーリについて、フェリペ・マッサとキミ・ライコネンの両ドライバーはチームの考えを支持している。

「この結論に達したチームの動機は理解できるよ」と、2006年にフェラーリに加入したマッサは語った。「例えば、フレキシブルウイングや回転数無制限のエンジンを許可されたクルマが走るなど、2つのクラスのチャンピオンシップを行うという考えはばかげているよ。今年すでに不明確なルールのせいで僕たちだけでなく主にファンに多くの混乱を来しているんだ。2010年に何が起こるか想像してみなよ…。ドライバーにとって、F1でフェラーリでレースをするということは夢だし、僕はその夢を叶えることができた。僕は常に情熱をもってエンジンのついた全てのレースに臨んできたし、競争とテクノロジーの点からF1をモータースポーツの頂点として考えてきたんだ」

一方でライコネンは次のように語っている。「フェラーリのいないF1を想像するのは難しいね。マクラーレンをドライブしていた時はいつも比較されるフェラーリが目標だったんだ。ここに来てからは、単なるチームというだけでなく伝統やロードカー、レーシングカーについて理解することができたよ。ドライバーたちが異なったルールに従って作られたクルマでお互いにレースをするなんて想像できないね。このスポーツ自体にとって良くないことだし、ファンにとっても良くないことだと思うよ。もしそうなれば本当に良くないだろうし、フェラーリのような企業が他のレースに参戦することを考えるのも理解できるよ」

チーム代表のルカ・ディ・モンテツェモーロは金曜日にFIAと会合を持ち、この問題について話し合うことになっている。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/158-0f723c71

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。