F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルノーもF1撤退の構えを表明

FIAからの一方的な支配を拒絶
renault-test-z-24_100209.jpg
フェラーリに続いてルノーもF1撤退を示唆

フランスの自動車メーカーであるルノーは13日(水)、2010年のレギュレーションがこのままの状態であれば来年のF1世界選手権に参戦しない構えであることを表明し、フェラーリに続いた。

予算制限を選択したチームに与えられる自由、規約を課すFIAのやり方や他のさまざまな事象から、フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション(FOTA)とFIAの間に重大な矛盾を引き起こしている。

前日のフェラーリに続いてルノーが正式な声明を発表したわけだが、先週末のスペインGP中にはトヨタ、BMWザウバー、レッドブルの各首脳がFIAと共に一般的な解決策に同意できない場合はF1から撤退するという同様の意思を述べた。他にも声明を発表するチームが予想されている。

ルノーのプレスリリース冒頭には「2010年F1シーズンに先だって2種類のF1テクニカルレギュレーションを導入するとした国際自動車連盟(FIA)の決断は、ルノー・グループに来年のFIA F1世界選手権エントリーにおける再考をもたらした」と記載されていた。

「FOTAは2009年から2012年の間に徐々に大幅なコスト削減を実施することを含めた建設的な提案を行った。これはFOTAメンバーによって慎重に構成されたものであるが、チームへの相談もなくこの提案を完全に無視したFIAにフラストレーションを感じている」

「FOTAがFIAの持ち出した財政目標と同等の金額を設定していたことを強調しておかなければならないが、ルノーは全参加者によって同意された異なる手順でこれを導入しなければならないと強く信じている」

「また、ルノーはF1の統治がコストと収入により良いバランスを確保するためにすべての組織(FIA、FOM、FOTA)との相談のうえ、調整されることが最良だと考えている。加えて、ルノーは世界選手権の全参加者が同じレギュレーションの下、それを堅実に守って活動していかなければならないという見解を持っている」

ルノーF1チームの社長を務めるベルナール・レイはルノーのF1における立場についてこう言及した。

「ルノーは常々、F1はモータースポーツの最高峰であり、卓越した技術を披露するに完ぺきな舞台であると考えてきた。われわれはこのスポーツに献身し続けるが、別々のルールで運営されるチャンピオンシップにかかわることはできない。もしそのようなルールが履行されれば、われわれは今シーズン末に撤退せざるを得なくなるだろう」

一方、ルノーのマネージングディレクターを務めるフラビオ・ブリアトーレは次のようにコメントした。

「われわれの目標は市場の中でも最も価値あるブランドであることを強調するF1のハイスタンダードを維持しつつ、コストを削減していくことである。われわれは統轄および商業の両団体と共に協力し、この目標を達成したいと考えている。さらに、われわれはFIAによる一方的な統治を受け入れることを拒否する」

「2009年4月29日に世界モータースポーツ評議会によって発表された決議が改訂されなければ、われわれは2009年末にFIA F1世界選手権から撤退せざるを得ない」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/159-d52d8923

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。