F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクラーレン、出走禁止の可能性も?

エクレストンがペナルティを予想
hamilton-sepang-z-wri-11_030409.jpg
問題の渦中にある現チャンピオン

4月29日(水)に行われる世界モータースポーツ評議会の会議で“ライゲート”スキャンダルに懐疑的な見方がなされれば、マクラーレンが多くのレースから追放される可能性もある。

F1最高権威と言われるバーニー・エクレストンは『Express(エクスプレス)』紙に対し、スチュワードにうそをつくという重罪や、マクラーレンのスパイ問題によってF1の評判が悪化したと述べている。

「同じ者のためにすぐに法廷に戻るのは誰にとっても決して良くないこと」

FIAは原則的に無限の力を持つ。レースへの出走禁止からチャンピオンシップ除外、さらには2007年にスパイ問題でマクラーレンに科した1億ドル(約115億円/当時)のような厳しい財政的なペナルティを与えることができる。

エクレストンはマクラーレンがヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)を罰させるためにスチュワードにうそをついたことは“詐欺”にあたいすると認めている。

Click here to find out more!
「容疑を問われればいろいろな選択肢がある。いかなるチームであれレースから追放されればとんでもないことではあるが、そうなる可能性はある」

2005年、B・A・R Hondaは策略的な燃料タンクを使用していたとの判決を受け、2戦の出走停止処分を受けている。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 09:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/16-33cdbce5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。