F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

勝訴したFIA、フェラーリを批判

フェラーリの姿勢を皮肉る
raikkonen-barcelona-z-wri-11_090509.jpg
主張が認められなかったフェラーリ

F1を統括しているFIAは20日(水)、2010年レギュレーションに対して差し止め請求を起こし、結局フランスの裁判所によって棄却されたフェラーリを批判した。

パリの高等裁判所で行われた今回の裁判では、今回のレギュレーションが「施行を差し止めるべき正当な理由はなく、施行されたことで受ける悪影響も存在しない」と判断され、フェラーリの差し止め請求が棄却されたのだ。

すでに報じられているように、フェラーリ側の言い分は“年間4億から5億ユーロ(約524億から655億円)”の運営費を要しているチームが、いきなり大幅なコスト削減を実施するのは無理があるというものだ。

請求を棄却されたフェラーリは自チームの公式サイト上で、新たにバジェットキャップ(年間予算制限)が敷かれたF1世界選手権への進出を狙うチーム名を挙げ、改めて制度を批判していた。

それに対してFIAは「どのコンペティター(チーム)も、参戦しているF1以上に利益を追い求めるべきではない。FIA、各チーム、商業的パートナーの多くは2010年以降もF1を存続させるために作業を継続するだろう」との声明を発表している。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/169-6d22f082

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。