F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

撤退ならフェラーリを訴えるとエクレストン

「契約を尊重してくれるはず」
ferrari-monaco-z-01_200509.jpg
モナコで重要な会合開かれる

バーニー・エクレストンはモナコで、フェラーリが今シーズン末にF1から撤退するようなことになれば、この有名なイタリアチームを訴えることになるとの脅威を示した。

今週初めにパリの裁判所で法的措置がとられたが、その中でフェラーリとFIA、商業権所有者の間で取り決められた協定の拘束力があったという興味深い詳細が発覚。

モナコGP週末の金曜日は恒例の“休息日”だが、今年は2010年のチャンピオンシップ参戦申請が正式に開始される日でもあり、マックス・モズレーとルカ・ディ・モンテゼモーロがそれぞれパリとマラネロからモナコに移動したとあって、メディアセンターは熱気に満ちている。

「われわれは常に自分たちの契約を尊重する」とモナコで語ったエクレストン。

「全チームがわれわれとの契約に調印しており、それを尊重してくれるものと考えている。これはフェラーリも同様だ。彼らが話し合いに出向くと言っているので、われわれは彼らが彼らの契約を尊重することを願うと話している」

また、エクレストンはモンテゼモーロに対し、フェラーリがF1を去り、契約を破たんするのであれば数百万に上る商業収入の返還を求める権利が発生すると書簡で警告したと見られている。

今回の騒動、表面的にはバジェットキャップの問題だと見出しが躍っているが、情報筋によれば単純にモズレーが会長の座を辞すれば休戦が宣言されるとの確信が増しているという。しかし、FIA会長の右腕と言われるリチャード・ウッドは彼を有するF1は幸運だと述べた。

モズレーに言及したウッドは「彼は一瞬も目をそむけたことはない」と話し、こう締めくくっている。

「チームらは強力な統轄団体の強力なリーダーを有しており、いつも通り、彼は手加減していない」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 07:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/178-a259f1b6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。