F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

カナダGP復活に向けた探索的話し合い

これまでに3度の会合を召集したエクレストン
ambiance-montreal-z-16_230606.jpg
カナダGP復活に向けて準備中?

F1最高権威のバーニー・エクレストンが来年のカナダGP復活の可能性を探るため、モントリオールの実業家、および投資家をロンドンに招待したと、カナダのフランス語紙『La Presse(ラ・プレッセ)』が25日(月)に報じた。

エクレストンのロンドンにある拠点ではこれまでに3度の会議が開かれており、その実業家とはカナダ、ケベック州、さらにモントリオール市の政府レベルの代表者ではないとのことだが、現在のところは匿名を希望している。

記事によると、収入を通して2,500万ドル(約21億900万円)を得られる中で、連邦および州政府による1,000万カナダドル(約8億4,365万円)での年に一度の開催が今なお有効であるとのこと。

同紙によると、地元の関心がまたも開催料にしり込みするようであれば、エクレストンが次回カナダGPのプロモーターになる可能性が高いという。

世界的な不況のさなか、自動車メーカーとスポンサーによるプレッシャーを受けるエクレストンが北米市場へのF1復帰に向けて自身の要求を下げることを受け入れるかもしれない。

Click here to find out more!
ジル・ビルヌーブ・サーキットのグランドスタンドのチケット販売は他の開催地で見られるのとは違い、完売にほぼ失敗したためしがない。

しかしながら、F1の今後のレギュレーションに関するチームおよびFIAの話し合いの状況からして、自分たちが何のためにレース開催を申し込んでいるのか、グランプリプロモーターが完全に把握していないことは事実である。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/194-5dacb0c4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。