F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4チームが2010年にコスワースエンジンを希望

USF1はエンジン供給契約を認める
windsor-sakhir-z-wri-01_240409.jpg
USF1とコスワースの契約を語ったウィンザー

伝えられるところによると、4チームがすでに2010年にコスワースのカスタマーF1エンジン供給を予約するために必要な前金を払ったようだ。

現在参戦中の自動車メーカーたちがF1から撤退すると脅している中、独立のイギリス企業コスワースは低コストのエンジンを保証するFIAの取り組みよって、来年からF1に復帰することが決まっている。

USF1チームのバックについているイギリスのジャーナリスト、ピーター・ウィンザーはモナコで、チームの正式な2010年エントリーにエンジンサプライヤーのアレンジメントを添付しなければならないことを認めていた。

実際にUSF1はコスワースと契約を交わしているとウィンザーは語り、ドイツ誌『Auto Motor Und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』はこの契約には250万ユーロ(約3億3,000万円)含まれると伝えている。

さらに同誌はおそらくカンポス・レーシングとジョアン・ビジャデルプラットのエプシロン・エウスカディを含む他3つの可能性があるチームも、コスワースに前金を払ったと報道。

「(F1チームを作ろうと)われわれが努力していることは本当だ」とビジャデルプラットはスペイン紙『El Pais(エル・パイス)』に答えている。「現在、プロジェクトが実現する可能性は50%だと言えるだろうね」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/195-0fa7bb38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。