F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010年エントリーが締め切られる

次なる動きは?
ambiance-fota-z-wri-02_060309.jpg
FIAはどう対応するのか?

FOTA(フォーミュラ・ワン・チームズ・アソシエーション)は2010年F1世界選手権のエントリーをFIAが設定した期限内に提出したが、それにはいくらかの条件がついている。

FIA会長のマックス・モズレーは以前、FOTA提案するコスト削減に関する代替案が自らを納得させるものになったとしたらサプライズだと発言していた。モズレーは4月末に上限を4,500万ユーロ(約60億円)としたバジェットキャップ(年間予算制限)を2010年から施行することを発表していた。

これに対してFOTAはFIAに代替案を提出。2010年は2009年のレギュレーションに基づいたルールを適用し、オプション的なバジェットキャップと補助的な技術アドバンテージをルールに取り入れることを提案したのだ。

これに加え、現在F1に参戦しているチームは新しいコンコルド協定の締結を望んでいる。コンコルド協定はチームとFIA、さらに商業権を保有している FOMの3者で交わされる取り決めのことだ。現在はコンコルド協定がすでに失効している状態であるため、各チームはシンプルな覚書の下でF1参戦を続けている状態だった。

Click here to find out more!
FOTAは29日午後に代替案を発表したものの、その中に具体的なコスト削減案は含まれていなかった。それでも2010年はFIAが提案する額の倍ほどでチーム運営を行い、4,500万ユーロを上限としたバジェットキャップを施行するのは2010年からになりそうだ。

例年は11月に翌年のエントリーリストが締め切られるためFIAとチーム側は交渉を続けていたようだが、結局、今年は5月29日が締め切り日として変更されることはなかった。

FOTAによって“条件付きのエントリー”がFIAに提出されたが、このエントリーをFIAが受け入れない可能性もあるだろう。そうなった場合、FOTA は新たに妥協案を練り直すか、FIAのレギュレーションを受け入れるか、もしくはF1を撤退することになるかもしれない。

FIAが2010年エントリーに関して何らかのコメントを発表するまで、事態はどうなるかわからない状況になるだろう。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/211-443f2202

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。