F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イタリアGP決勝 ストーナーが優勝、ロッシの8連覇を阻む

127762.jpg
MotoGP第5戦イタリアGPは決勝レースのときを迎えた。雨の影響で路面は濡れており、前戦のフランスGPに続いてウェットレース宣言が出されている。

全車がレインタイヤを履いてグリッドに着いた。シグナルがブラックアウトし、レーススタート!ロレンソはスタートでホイールスピンを喫して出遅れた。ロッシとド・プニエが好スタートを切って前に出たが、ホールショットを奪ったのはストーナーがだった。
バーミューレン、ペドロサ、ドビツィオーソもいいスタートを切って、ストーナーに迫る。

バーミューレンはストーナーをオーバーテイクし、トップに立った。ロッシは5番手、出遅れたロレンソは6番手となった。

2周目 ストーナーはバーミューレンを抜き返して再びトップに立った。ドビツィオーソが3番手、ロッシ、ペドロサ、ロレンソが続く。

3周目 ドビツィオーソが2番手に浮上。その後にストーナーにもオーバーテイクを試みたが、ストーナーも譲らない。コース上ではフィアットヤマハの二人が最速ラップを出している。

4周目 最終コーナーでドビツィオーソがストーナーを抜いたが、ホームストレートで抜群の速さを持つドゥカティはすぐさまトップを奪い返した。しかし、ドビツィオーソは再びストーナーを抜き返して再びトップに立つ。ここでトスランドがドライタイヤを履いたマシンに乗り換えた。

6周目 ドビツィオーソはストーナーとの差をコンマ8秒に広げた。ロッシはストーナーを抜いて2番手に浮上した。

7周目 メランドリがバーミューレンを抜いて4番手に浮上した。彼はファステストラップを更新しながら前との差を詰めている。カネパがマシンを乗り換えた。メランドリはストーナーをも抜いて3番手にポジションを上げた。

8周目 ドプニエとヘイデンがマシンを交換した。ロッシはドビツィオーソを抜いて初めてトップに立った。

9周目 メランドリがドビツィオーソを抜いて2番手に浮上した。ドライタイヤを履いたマシンに乗るトスランドは最速ラップをマークしている。そろそろマシンの交換時だ。

10周目 ドビツィオーソ、ペドロサがピットに入った。メランドリはロッシを抜いてついにトップに立った。彼はレインタイヤを履いたマシンに乗っているが、トスランドと同等のタイムを記録している。

11周目 メランドリとロッシが同時にピットイン。二人より先にドライタイヤのマシンに履き替えた3番手のドビツィオーソはロッシを抜き、メランドリをも抜いてトップに立った。高橋は転倒してリタイアとなった。

12周目 現在の順位は、ドビツィオーソ、ストーナー、メランドリ、ロレンソ、カピロッシ、ロッシ、バーミューレン、ド・プニエとなっている。カピロッシは次々とオーバーテイクを繰り返し、メランドリとロレンソを抜いて3番手までポジションを上げた。真っ先にマシンを交換してタイヤが温まっているトスランドは、最速の1分56秒台のペースで走行している。

13周目 ペドロサが転倒してリタイアとなった。彼は負傷している右足を押さえており、担架で運ばれた。

14周目 ストーナーがドビツィオーソをオーバーテイクし、トップに立った。ドビツィオーソはカピロッシにも抜かれて3番手にポジションを落としている。4番手にロレンソ、5番手にロッシと続いている。

16周目 カピロッシがストーナーを抜いてトップに立った。

17周目 ホームストレートでストーナーがカピロッシを抜いて再びトップに立った。ロッシは1分52秒641のファステストラップをマークした。彼はラップリーダーよりも2秒も速いペースで走行し、前との差を徐々に詰めている。

残り5周 4番手のロレンソがドビツィオーソの真後ろにつけた。ロレンソの後ろにはロッシも迫っている。

残り4周 ロレンソはホームストレートでドビツィオーソを抜いて3番手に浮上した。トップのストーナーと5番手のロッシとの差は2秒3となっている。路面はほとんど乾いている。

残り3周 ロッシがドビツィオーソを抜いて4番手に浮上した。

残り2周 ホームストレートでロレンソがカピロッシを抜いて2番手に浮上した。ストーナーは最速ラップを更新し、2位に1秒4の差をつけている。ロッシはカピロッシを抜いて3番手に浮上した。

ファイナルラップ ストーナーはロレンソにコンマ9秒の差をつけてファイナルラップに突入した。ドビツィオーソはカピロッシを抜いて4番手に浮上した。ストーナーは追いすがるロレンソから逃げる。ドビツィオーソも表彰台をかけてロッシに必死についてきている。ドビツィオーソはロッシにオーバーテイクを仕掛けるが、ロッシも譲らず、ロッシは3番手を守った。

レース終了! 逃げ切ったストーナーが今シーズン2勝目を飾り、ドゥカティにとってはムジェロ初優勝となった。2位ロレンソ、3位ロッシとなり、ロッシのムジェロ8連覇は潰えた。

イタリアGP決勝は、1位ストーナー、2位ロレンソ、3位ロッシ、4位ドビツィオーソ、5位カピロッシ、6位エドワーズ、7位トスランド、8位ドプニエ、9位カネパ、10位バーミューレン、11位メランドリ、12位ヘイデン、13位カリオ、14位エリアス、15位でアンジェリスとなった。ペドロサと高橋はリタイアに終わった。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| moto GP | 09:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/213-659eeead

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。