F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新参組でグリッド満杯

FOTAは別として新たに10チーム20台
start-barcelona-z-03_100509.jpg
もしかすると2010年のグリッドはまったく別モノに?

来年、FOTAに加盟する反逆組9チームがF1でレースをせずとも、有効な2010年のエントリー手続きを行った数がすでにグリッドを埋めるだけに達している。

提案されたバジェットキャップ規約を順守するとして手続きを行ったチームが新たに分かった。エプシロン・ユースカディとT.テクノロジーだ。彼らの申請手続きにより、新規参戦を希望するチーム数が10に上り、20台になったのである。

加えて、これまでのところ声明は出されていないが、カーリン・モータースポーツとマナー・モータースポーツのジュニアモーターレーシングチームも2010年の参入申請を提出したとうわさされている。

既存チームのウィリアムズと並んで、すでに正式にエントリーを申請したのはプロドライブ、ローラ、USF1、スーパーファンド、マーチ、カンポス、ライトスピード、ブラハムだ。

スペインのプロトタイプのル・マンスポーツカーチームであるエプシロン・ユースカディを率いるジョアン・ビジャデルプラットは3日(水)、『Diario As(アス・ディアリオ)』紙に1週間前に2010年のエントリーを済ませたことを認めた。

予算の制限額が増加したとしても、そのまま競争できると主張するビジャデルプラットは「少なくとも、4年間はわれわれの未来を確保したと言える」とコメント。

一方、報道陣への声明の中で、『MSC Organisation Ltd(MSCオーガニゼーション)』は1週間の期限がつけられた正式な申請手続きが始まった翌5月23日にエントリーを提出したと発表している。

フェラーリやマクラーレン、さらには現在チャンピオンシップの優勝候補筆頭のブラウンGPまでもがF1を去ることになればFIAは絶望に陥るはずだが、目下の参戦申請のにぎわいぶりはFOTAと対立するマックス・モズレーFIA会長のスタンスを勇気づけているだろう。

モズレーは来シーズンに向けてすでにエントリーを済ませたチームについて問われ、「いい感じじゃないか」と答えている。

既存のチームに関してはスイスの『Motorsport Aktuell(モートアシュポルト・アクチュエル)』にこう話した。

「私が彼らに言うとすれば、彼らがルールを定めたいのであれば自分たちのチャンピオンシップを運営するべき、ということだ」

FIAは6月12日(金)に2010年のエントリーリストを発表することになっている。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 19:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/219-a903c71f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。