F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“新”F1に懐疑的なベッテル

アロンソは分裂シリーズを歓迎
alonso-istanbul-z-wri-11_040609.jpg
中身の薄いF1には関心なしのアロンソ

レッドブルのセバスチャン・ベッテルは2010年に向けて新たにF1チームを創設しようとする者たちに懐疑的なようだ。

来年からの予算制限を受けてのチャンピオンシップに多数のチームがエントリーしていることから、反対するFOTAのメンバーが申し込まずともグリッドは十分埋まることになる。

しかし、ベッテルは実際に来年3月にメルボルンでどのチームがグリッドに並ぶのか、本当に明確になるまで待つようにと警告を発している。

「たぶん、待つのが一番いいんじゃないかな」と『Speedweek(スピードウイーク)』に話したベッテル。

「それに、それらすべての新チームに関して、実際にお金を使う段階になった時にすべてが同じということはないと思う」

一方、2005年と2006年にドライバーズ選手権を2連覇したルノーのフェルナンド・アロンソは今日のチームの続投を支持すると明言した。

「この革命によって、ほとんど誰でもF1チームを持てるようになったような気がする」とトルコでスペインメディアに語ったアロンソは次のように続けている。

「僕はF1にとってこれは大きな過ちだと思う」

FIA会長のマックス・モズレーがFOTAに対して、自らのルールを定めたいのであれば分裂シリーズに逃げるべきだと警告したことについて聞かれたアロンソはこう答えた。

「そうなることを願うよ」

新たに参入を目指すうち、カンポスとエプシロン・ユースカディの2チームはスペインのチームである。

「スペインのチームができれば夢のようだよね」とするアロンソだが、「でも、それと同時にF1がある意味で“ビッグGP2”になるんなら、そうは言えない」と主張した。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/224-d90a4454

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。