F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アロンソに“新”F1参加の予定なし

類似シリーズに言及
alonso-istanbul-z-11_060609.jpg
世界最高のドライバーが望むのは世界最高のモータースポーツ

2度のワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソ(ルノー)は来年、FIA会長のマックス・モズレーが提案し、議論を呼ぶ4,500万ユーロ(約59億円)のバジェットキャップが施行された場合、F1を辞めることに何ら不安はないと語った。

FOTAに属する8チームはF1が著しく希薄することになるとの信念があり、FIAとの間で合意にいたっていないが、アロンソはFOTAの意見に同調している。

「この新F1なら、どこか別のカテゴリーでレースをする方がいいね」というアロンソの発言を『Daily Record(デイリー・レコード)』が伝えた。

数カ月中の大幅コスト削減の代替案としてFOTAがモズレーに提案した、3年の期間を設けたコスト削減案に言及したアロンソは「チームらは全力を尽くしている」とも話している。

また、一定の給料やマーケティングコストはモズレー案の影響を受けないとは言え、チームが5億ユーロ(約684億円)の予算から4,500万ユーロに「突然移行する」のは不可能だと主張するアロンソ。

ルノー、フェラーリ、トヨタ、マクラーレン、ブラウンGP、BMWザウバー、レッドブル、そしてトロ・ロッソはFIAが2010年のエントリーリストを公表する6月12日(金)までに、モズレーと合意に達するという条件の下、来年のチャンピオンシップ参戦の手続きを行った。

しかしながら、FOTAメンバーはその全チームのエントリーが統一して扱われることを要求しており、これはつまり、彼らが1つのグループとして、モズレーに受け入れられるか、あるいは拒絶されるか、ということになる。

8チームの参戦がかなわなかった場合でも、すでにバジェットキャップに同意することを誓約した新チームがエントリーを提出しているため、彼らが既存の8チームに取って代わるというリスクも存在する。

もしそうなった場合、FOTAメンバーはF1に代わる手段を探ることになるだろう。

そして、アロンソはFOTA運営による高度な競争の新シリーズが現実のものとなるのであれば、すでに参戦に関心があることを公言している。

「自動車メーカーが類似のイベントを開催するなら、世界最高の技術と最速のマシンを見られるわけだから、興味がわくよね」

なお、FOTAメンバーの計8チームに所属する全ドライバーがFOTAのイニシアチブを支持すると表明している。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 20:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/240-8f5720f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。