F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コスワース、2010年のエンジン供給を認める

新規参入3チームと3年契約
cosworth-interlagos-z-01_211006.jpg
F1復帰を喜ぶコスワース

コスワースは2010年F1世界選手権エントリーリストに名前が載せられた3つの新規参入チームと提携することを認めた。

コスワースは高性能エンジンと技術的サポートをカンポス・グランプリ、マノー・グランプリ、そしてチームUSF1に供給し、その契約は2010年から3年有効となっているとされる。

コスワースのCEOであるティム・ルーシスは「われわれコスワースが有する航空宇宙産業や防衛分野に近い部分でおこなっているオペレーションからもたらされるさまざまな可能性が、F1に解決策を与えていることに喜んでいる。コスワースは複数のチームが最も技術的でチャレンジングなスポーツであるF1に参戦するために、単に解決策を提供するだけではない。独立系チームが長くF1にとどまれるように、競争力のあるパワーを提供するのだ」とコメント。

さらに「40 年以上にわたってF1に携わったことで、われわれはさまざまな先端技術を実現することが可能となった。今日、われわれが有する技術力はレースに対するものだけでなく、航空宇宙産業、防衛分野、エネルギー、海上などにも影響力を及ぼしている。コスワースはこういったさまざまな活動に影響を与えることなく、 F1エンジンを供給することが必要になる」とも付け加えた。

コスワースは1967年に初めてF1に踏み込み、有名なDFVエンジンで初優勝を達成。その後、2006年にウィリアムズにCA2006というV8エンジンを供給したが、その年限りでいったんF1活動を終えていた。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 19:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/249-770b635f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。