F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

公式予選Q2:レッドブル1-2、マッサがノックアウト

129718.jpg
2009年F1世界選手権第8戦イギリスGPの公式予選Q2がまもなく始まる。セッション開始前の気温は16℃、路面温度は25℃と、Q1とほぼ同じコンディションとなっている。

Q1は、昨年の王者ハミルトンが敗退し、最後はスーティルの大クラッシュで赤旗中断。再開して残り24秒を消化して終わるという、異例のセッションとなった。

Q1で中断があったため、Q2は日本時間の午後9時37分からのスタートとなる。

ピットレーンのシグナルがグリーンに変わり、セッションがスタートしたが、すぐに動くクルマはない。

開始1分すぎ 最初にコースに出たのはヴェッテル。続いてウェーバー、ロズベルグ、ライコネン、マッサもコースへと向かう。

開始3分25秒 ヴェッテルが1分24秒033のターゲットタイムをマーク。続いてマッサがそれを大きく上回り、1分19秒257でトップに立つ。

開始4分 ウェーバーが1分18秒638でトップタイム。2位マッサ、3位ロズベルグ、4位ライコネン、5位ヴェッテルとなっている。

開始4分40秒 コヴァライネンが3番手タイム。

開始5分5秒 アロンソが2番手タイムをマーク。続いてウェーバーが自身のトップタイムを大きく更新し、1分18秒209。

開始5分30秒 トゥルーリが2番手タイム。トップのウェーバーあら5位バリチェロまでが1分18秒台というレベルの高い争いになっている。

開始6分 中嶋が1分18秒575で2番手に飛び込む。

残り8分10秒 トゥルーリが中嶋を上回って2番手に浮上。

残り7分を切り、現在ノックアウトゾーンにいるのが11位バトン、12位クビサ、13位ピケ、14位コヴァライネン、15位ハイドフェルドの5台。ボーダーライン付近は9位ライコネン、10位マッサという顔ぶれとなっている。

残り6分 コース上は小康状態。各車最後のアタックに備えている。

残り3分30秒 1位ウェーバーと5位アロンソを除き、全車が最後のアタックを行うためにコースに出ている。アロンソのタイムは1分18秒904。果たして踏みとどまることができるのか。

残り2分30秒 ライコネンが3番手タイム。大幅にタイムを縮めてきた。

残り2分 7位まで順位が落ちていたアロンソが、やはりアタックのためにピットを離れた。

残り1分 ノックアウトゾーンにいたバトンが7番手タイム。しかしこれではギリギリだ。

残り30秒 バリチェロが4番手に浮上。バトンは9位にまで順位を下げている。

ここでチェッカーフラッグ。

ノックアウトゾーンにいる11位マッサがアタック中。セクター1、2は自己ベストだがタイムが伸びず脱落決定。バトンは最後にもう1度アタックを行い、8番手に浮上。

最後にヴェッテルが1分18秒119をマークし、トップに浮上。

ここでセッションが終了した。

イギリスGP公式予選Q2の結果は、1位ヴェッテル、2位ウェーバー、3位トゥルーリ、4位バリチェロ、5位ライコネン、6位中嶋、7位ロズベルグ、8位バトン、9位アロンソ、10位グロックとなった。

ここで敗退したのは、11位マッサ、12位クビサ、13位コヴァライネン、14位ピケ、15位ハイドフェルドの5台。

マクラーレンとBMWがQ2で完全に姿を消し、フェラーリの1台も脱落となった。

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/270-87e0fdf2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。