F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ディフューザー問題の結末は?

グロックは「FIAによる解決は難しい」とも
toyota-melbourne-z-12_280309.jpg
日本時間15日の夜に控訴審の判決が下る予定

14日(火)からFIAの国際控訴裁判所(ICA)ではディフューザー論争が議題として扱われているが、ティモ・グロックはこの問題が“簡単に解決しない”と考えているようだ。

グロックが所属するトヨタとブラウンGP、およびウィリアムズは、今シーズンここまでの戦いでトップ3の速さを見せている。

しかしこの3チームの速さは違法な開発によって得られたものではないかという指摘があり、リアディフューザーのデザインについてライバルの4チームが公式に抗議。トロ・ロッソとフォース・インディアを除いた8チームの関係者がフランス・パリのICAに集まっているのだ。

すでにオーストラリアGPとマレーシアGPのレーススチュワードがディフューザーのデザインを合法であると判定していることから、今回のICAもその決断を支持することが予想されている。またシーズン開幕前にFIAレースディレクターのチャーリー・ホワイティングがデザインの方法性を認める発言をしていた。いずれにせよ結果が明らかになるのは15日(水)の予定だ。

ロス・ブラウンは「もしICAがディフューザーデザインを違法だと判断したとしても、オーストラリアGPとマレーシアGPのレース結果が見直されることはないと考えている。なぜなら、われわれは合法だと判断されたマシンでレースを行ったからだ」と余裕の表情を見せている。

しかしブラウンと共にフェラーリ黄金期を築いたロリー・バーンは、ディフューザーが合法だという考えに断固反対の立場を取っている。

現在はフェラーリのデザイン部門コンサルタントを務めているバーンは、イタリアのスポーツ日刊紙『La Gazzetta dello Sport(ガゼッタ・デロ・スポルト)』に対して「ブラウンGPメルセデスのマシンを後方から見ればわかるんだが、彼らは違法なサスペンションを使っているんだ」と発言しているのだ。

一方ドイツ誌『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』は、フェラーリがリアサスペンションとギアボックスの変更を急いでいると報じている。テクニカルディレクターのアルド・コスタによれば、6月に開催されるトルコGPまでにはF60にもダブルデッカー・ディフューザーが搭載される見込みだという。

さらにレッドブル・レーシングも新型ディフューザーの開発を進めているようで、マクラーレン・メルセデス、BMWザウバー、ルノーもヨーロッパラウンド中に実戦デビューさせる構えのようだ。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/37-b490607f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。