F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

コスワース、モズレーとエクレストンの取引に恩恵

ポイントシステムとエンジン供給支援
mosley-silverstone-z-wri-22_070707.jpg
お互いの計画のために取引?

マックス・モズレーとバーニー・エクレストンとの間で取引が行われたことにより、イギリスを基盤にしているエンジンメーカーのコスワースがF1に復活する可能性が高まってきていると報道されている。

2010年からの参戦が見込まれているアメリカのチームUSF1(公式チーム名はUSGPE)が、来年から承認を得たコスワースV8エンジンの搭載を真剣に考慮していると最近報道で明らかになった。

昨年末、コスワースは2010年以降に低コスト・エンジンとトランスミッション・パッケージのFIA入札で勝利している。

このプロジェクトを財政的に援助するコスワースの能力を保証するために、FIA会長のモズレーがF1のCEOエクレストンからのサポートを得ることは必要不可欠だった。

F1の自動車メーカーへの依存を軽減するためにコスワースへの提案を推し進めたいモズレーは、エクレストンが提唱していた“勝者優遇”のポイントシステムを完全に支持することを決めていたと、『Auto Motor und Sport(アウトモートア・ウント・シュポルト)』誌が伝えている。

FIAのサポートへの見返りとして、コスワースとの契約実効性を保証するとエクレストンは約束したようだ。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 16:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/38-c569cdd4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。