F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ルノーが新ディフューザー使用を準備との報道

FIA控訴裁判所の判決への準備
renault-test-z-12_040309.jpg
ルノーが新ディフューザーを搭載するのか

14日(火)にパリで開かれたディフューザーに関する聴聞会で、ルノーの代理人を務める弁護士はルノーが独自開発した問題のディフューザーを搭載する準備があると認めている。

アンドリュー・フォード弁護士はFIAの国際控訴裁判所判事にルノーが議論となっているコンセプトに基づいた作業を始めたと述べ、問題のディフューザーは合法かどうかを統括組織の代理人にたずねたとも語った。

「ルノーがチャンスを逃したわけではない・・・これはFIAが非合法と言ったからだ」とフォード弁護士は発言。

さらに、理論的には今週末の中国GPから当初のデザインをすぐに搭載することが可能だと明かし、問題のディフューザーを許可したスチュワードの決定に対する控訴を退けるべきだと述べている。

オーストラリアで、ルノー、フェラーリ、レッドブルはブラウンGP、トヨタ、そしてウィリアムズのクルマに対して抗議をしていた。そしてマレーシアではBMWザウバーがその抗議に加わっている。

抗議をしている7チームが14日(火)パリに集まり、反ディフューザー側に立っているマクラーレンも実際には裁判所で証言はしないが姿を見せた。

2007年のスパイ疑惑にもかかわっていたフェラーリの顧問弁護士を務めるナイジェル・トッツィが反ディフューザー論争をリードしており、訴訟側チームが異なるコンセプトを考えなかったことを理由に控訴は“懲罰的だ”とするブラウンGPの反論を一蹴した。

また、元フェラーリのテクニカルディレクターだったロス・ブラウンについてトッツィ弁護士は、「最高にごう慢なひとりだけが、多くの立派な同僚たちが反対しても、彼は正しいと思うのだろう」と述べている。

さらにはFIAに対しても批判を繰り広げ、ディフューザーのコンセプトについて数チームには非合法だと言い、他数チームの類似したコンセプトに許可を下した矛盾を指摘。

「FIAのポジションが完全に定まっていない。われわれはこの論争からFIAを救うことを要請する」と陪審員たちに語った。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/39-34f42a66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。