F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

モントリオール復活のうわさを否定するカナダGP主催者

現時点で話し合いは行われておらず・・・
start-montreal-z-12_080608.jpg
具体的な復活のめどが依然として立っていないカナダGP

カナダGP主催団体の代表は、モントリオールがすぐにでもF1カレンダーに復帰するために準備を整えているといううわさを否定している。

F1最高責任者のバーニー・エクレストンやケベック州のレイモンド・バシャン担当大臣、さらにモントリオールのジェラルド・トランブレイ市長らは最近、今年からF1日開催となったカナダGPの再登場に向けて話し合いが行われていることを示唆していた。

しかし実際にカナダGPの運営に関わっているのは、同GP主催団体の代表を務めるフランソワ・ドゥモンチール氏。

ドゥモンチール氏はフランス語の『La Presse(ラ・プレス)』紙に対して最近の報道を否定し、サーキット・ジル・ビルヌーブに再びF1世界選手権を誘致するための話し合いが進んでいないことを明かしたのだ。

「先週末にバーニー・エクレストンと話し合いを持ったが、現時点ではまだ何も決まっていない」とドゥモンチール氏は語っている。

一方のエクレストンは、自らだけでなくケベック州政府もカナダGP復活に“興味がある”と主張していた。

しかしドゥモンチール氏は以下のようにコメントしている。

「現時点では彼(エクレストン)が話したような話題について話し合いが行われてはいない。私もしていないし、プロモーターである『ストックカー・モントリオール社』もそうだ」

「もしグランプリ復活の可能性が浮上したとすれば、間違いなくわれわれが関係する必要があるだろう」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 20:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/50-e06873ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。