F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国GP木曜日の記者会見パート2

イタリア地震のサポートをするトゥルーリ
pressconf-shanghai-z-02_160409.jpg
ディフューザー問題終結を喜ぶドライバーたち

16日(木)に行われた中国GP木曜日の記者会見ではさまざまな話題が飛び交った。参加したのはヘイキ・コバライネン(マクラーレン)、ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ)、マーク・ウェバー(レッドブル)、中嶋一貴(ウィリアムズ)、ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)の5名だ。

Q: ヤルノ(トゥルーリ)に質問です。先ほど話されていましたが、あなたの母国イタリアのアブルッツォ地方では大きな地震が発生しましたね?

ヤルノ・トゥルーリ: アブルッツォで起きた出来事は誰もが知っていると思うし、なにか特別なことをしたいと考えていたんだ。本当に信じられないような出来事だったから、実際にどうなっているかわかったのは数日ほど前だよ。300人近くの人々が亡くなったけど、これは地震の規模からいったらそれほど多くはないのかもしれない。だけど街や村が台無しになってしまったんだ。すべてが消え失せてしまった。10万人もの人々が家や家族、仕事を失ったんだよ。本当に辛いことだと思う。僕は移動や仕事があったために、まだイタリアには帰れていないんだ。だけどこの2連戦が終わったら戻るつもりだよ。またアブルッツォの人々のために何かできないかと考えたんだ。これはイタリア国内の問題だけど、全世界中の人々が今回の地震について知っているようだ。とにかく多くの人々に今回の問題を知ってほしいと思っているよ。津波と地震は同じような災害なんだけど、僕も何か貢献できないかと考えた。まずは支援金を募ってシーズンが終わってから学校なんかを立て直したいと思っている。アブルッツォではさまざまなものを修復しなければいけないんだけどね。とにかく一生懸命活動したいと思っている。人生で初めてのことだけど、1件ずつ家を回って支援金を渡したいとも考えているよ。

Q:マーク(ウェバー)、マレーシアGP決勝が中断されているとき、あなたがコンディションについてドライバーたちと会話している姿を見ることができました。現在のGPDAについてお聞きしたいと思いますが、ご自身をGPDAの理事として見たとき、どう評価されていますか?

マーク・ウェバー: GPDA はとても強力になっているよ。キミ(ライコネン/フェラーリ)以外の全ドライバーが加入してくれたんだ。かなりいい状態になっていると思う。GPDAが定期的に会合を開いてさまざまな問題を協議するというのはすごく重要だと考えているんだ。マレーシアにおける僕の役割はそんなに難しいものじゃなかったけどね。すべてのドライバーたちがコンディションについて心配していて、僕はドライバーたちに意見を聞いて回っていたんだ。主催者側はレースを再開しようとしていたかもしれないけど、僕らの考え方は完全に異なっていた。だから先頭集団のドライバーたちと経験があるドライバーたち、それからワールドチャンピオンのルイス(ハミルトン/マクラーレン)の意見を聞いたけど、みんながおなじ考えを持っていた。だからお互いにコミュニケーションを図ることで理解しやすくなるし、敬意も払うことができる。GPDAはうまく機能しているよ。

Q: ヤルノ、セパンでは予選2番手につけ、チームは表彰台をゲットしましたね。トヨタはブラウンGPを捕まえられると自信を持っていますか?

トゥルーリ: マレーシアGPは中断されたから、その結果がほかのサーキットにおいても参考になるとは限らないだろう。レースはさまざまな出来事によって影響を受けたからね。序盤の2レースだけでパフォーマンスを判断するのは公平じゃないよ。だけどトヨタはブラウンGPからすごく離れているわけじゃないし、トップ3には入っていると思う。ブラウンGPを倒すためにいろいろな作業を行っているけど、特にエンジニアはすごく一生懸命作業してくれているんだ。これまでは4位や 5位でシーズンを始めることはあったけど、今年は2位から始められている。これはいいことだね。かなりいいマシンを手にしているから、あとはどれだけ開発できるかってことだろう。

Q: FIA国際控訴裁判所の裁定についてはいかがでしょうか?

ヘイキ・コバライネン: ハッキリとした決定が得られたと思う。これでどのチームも開発ができるようになったわけだし、これから改良が進むはずだ。ドライバーとしてはそんなに変わらないけどね。とにかく、よりグリップ力のあるマシンをドライブしたいだけさ。

ウェバー: (親指を立てるサイン)

中嶋一貴: 僕にはそんなに影響ありませんね。チームとしてはこの結果になってうれしく感じています。これから開発競争が始まることになるでしょう。僕たちには大きな変化はないと思いますよ。

トゥルーリ: あまり変わらないね。だけど、満足しているよ。

ルーベンス・バリチェロ: この決定は大歓迎さ!

Q: 皆さんに質問です。アジアを離れていらっしゃいましたか? もしそうであれば何をされていらっしゃったのでしょか?

コバライネン: 前回のレース後、僕はイギリスに戻って、4日間をウォーキングで過ごした。エンジニアと一緒にシミュレーションに取り組んで、土曜日にはシンガポールに行って数日を過ごしたかな。最高のゴルフコースを見つけたんだ。ボールを全部なくしてからここに来たさ!

ウェバー: そうだね、僕もイギリスに戻って、ここにはできるだけ遅くに来て、できるだけ早くに去るつもり。

中嶋: 日本に行って、1週間まるまる日本で過ごしました。1週間フルに休みだったわけではなく、1日は鈴鹿に行きました。

トゥルーリ: 前回のレースが終わってすぐにヨーロッパに戻った。ファクトリーに行って、いくつか作業をしてから子供たちと家で数日過ごしたんだ。イースターは家族と一緒だったよ。中国に来てからのどを痛めている。僕はここに火曜日の午前中からいるけど、たいして何もしていないし、正直、やることがないから、日曜日の夜にはここを発つつもりさ。

バリチェロ: ブラジルに戻っていたから、すでに4日間、空の人さ。

Q:ルーベンスに質問です。昨日、ルイス・ハミルトンが決定を受けて今回が唯一の始まりだと話していました。現在、ブラウンGPはコンストラクターズ選手権をリードしているわけですが、シーズン半ばにはより競争力のあるドライバーが現れることが常で、その際、ブラウンGPには現在有しているのと同等のアドバンテージはないだろうとのことですが、この意見をどう思われますか?

バリチェロ: 彼が間違っているといいね。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 06:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/52-9a038bbd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。