F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フランスGP開催を目指す2つの都市

サルセルとイヴリーヌ、選ばれるのは?
ambiance-magny-z-wri-03_280607.jpg
開催候補地決定には時間がかかりそうなフランス・・・

現在F1カレンダー落ちをしているフランスGPの開催権をめぐり、“ヴァル・デ・フランス”プロジェクトを掲げるサルセル市とイヴリーヌ県が対決姿勢を見せているが、フランスのスポーツ大臣は最近になって自らの意見を明らかにしたと『AFP通信』が伝えている。

ベルナール・ラポルテ大臣は今週、イヴリーヌ県の提案は財政的にも優れており、開催候補地に選ばれた場合は新サーキット建設も可能だと指摘した。一方でサルセル市の“ヴァル・デ・フランス”プロジェクトは「壮大だが、資金がない」と語っている。

しかしパリ近郊の都市であるサルセルの市長は、そのような評価を否定。フランス下院議会にも属しているフランソワ・プッポーニ市長は16日(木)に発表したプレスリリースの中で、“現実的”な財政的プランがすでに複数の政府関係者に提示されており、“投資家たちも資金提供の準備を整えている”と明かした。

「サルセル市のプロジェクトが資金的に厳しいという考えは納得できない」とプッポーニ市長。

さらに同市長は、ラポルテ大臣のコメントは「プロジェクトの信ぴょう性を下げる目的」があると考えているようだ。

またプッポーニ市長はニコラ・サルコジ大統領との会談を望んでいる模様。マニクールの後継開催地としてサルセル市とイヴリーヌ県のプロジェクトがコンペティションを行う上で、自らのプランを擁護したい構えのようだ。

フランスGPがF1カレンダーに復帰するのは早くて2011年と考えられているが、実際にカレンダーに含まれるかどうかはまだ決まっていない。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 06:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/53-3a2821e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。