F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクラーレン残留を「明言しない」ハミルトン

直接的な質問を回避
hamilton-shanghai-z-05_170409.jpg
厳しい批判にさらされている現役チャンピオン

マクラーレン・メルセデスの懸念通り、上海で初めてメディアに対応したルイス・ハミルトンの発言は、新たな物議を醸しただけだった。

彼に詰めかけたプレスの一団は、チャンピオンが警戒し、落ち着かない様子だったと証言している。マクラーレン残留については、少なくとも2紙が彼の返答を“消極的”と表現。

『The Times(タイムズ)』は4分にも満たなかったハミルトンの会見について、彼の“敵対心”が読み取れたと報じている。

ハミルトンに対し、締結済みの長期契約を満了するつもりはあるのかという質問が2度もなされたが、彼はただ、“今いる場所に満足だ”と答えるばかりだった。

「単純に“イエス”と言いさえすれば、騒ぎも少しは落ち着いたのに」と、かつてマクラーレンに在籍したデビッド・クルサードは『BBC』で述べている。

『Daily Telegraph(デイリー・テレグラフ)』は、“どっちつかずの返答”だったと表記。

『Daily Mail(デイリー・メール)』では、「彼は明らかにF1の世界に幻滅している」と報じられた。

さらに、将来に関するハミルトンの返答は、“全キャリアをチームに捧げたいと述べていたかつての態度と違い、著しくあいまいで、素っ気ないものだった”としている。

また、ハミルトンはロン・デニスがレースからの完全な引退を決めたことについて、“驚き”はしたが、“失望はしていない”とも述べている。

「僕は何も聞いていなかったから、驚いたよ。でも、その決定について争うつもりは別にない」というハミルトンのコメントを『The Sun(ザ・サン)』が伝えている。

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 20:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/67-417c7b43

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。