F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FIA 中国GP公式予選後の車体重量を発表

118929.jpg
2009年になってから毎回行われているように、FIAは中国GPの明日の決勝レースに向けて、各車の車体重量を発表した。Q3に進めなかったドライバーは全員、レース前に給油をすることが認められているが、トップ10のクルマのスタート時の重量は、予選終了時と同じであり、レース開始前に変更することはできない。

レーススタート時の重量は非常に興味深く、2位のアロンソが彼の周囲にいる2台のレッドブルよりも軽いということだけでなく、トップの3台のクルマがグリッド上の他のどのクルマよりも軽いということも分かる。レッドブルのチーム代表、クリスチャン・ホーナーは、彼のチームが「アグレッシブな」戦略を持っていることを認めているが、その計画が成功するためには後ろとの差を広げておかなければならないヴェッテルとウェーバーにとっては、セーフティーカーがすべてを台無しにする可能性もある。

そのすぐ後ろでは、ジェンソン・バトンがチームメイトのルーベンス・バリチェロよりも軽い燃料を積んでいるにも関わらず、バリチェロに負けている。バトンは予選の結果にがっかりしていたが、それは正しかったわけだ。コヴァライネンとピケが最も重いクルマであり、697キロある。

<各車の予選後の車体重量>

1 セバスチャン・ヴェッテル(レッドブル):644.0kg
2 フェルナンド・アロンソ(ルノー):637.0kg
3 マーク・ウェーバー(レッドブル):646.5kg
4 ルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP):661.0kg
5 ジェンソン・バトン(ブラウンGP):659.0kg
6 ヤルノ・トゥルーリ(トヨタ):664.5kg
7 ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ):650.5kg
8 キミ・ライコネン(フェラーリ):673.5kg
9 ルイス・ハミルトン(マクラーレン):679.0kg
10 セバスチャン・ブエミ(トロロッソ):673.0kg
11 ニック・ハイドフェルド(BMW):679.0kg
12 ヘイッキ・コヴァライネン(マクラーレン):697.0kg
13 フェリペ・マッサ(フェラーリ):690.0kg
14 中嶋一貴(ウィリアムズ):682.7kg
15 セバスチャン・ボーデ(トロロッソ):690.0kg
16 ネルソン・ピケ(ルノー):697.9kg
17 ロベルト・クビサ(BMW):659.0kg
18 エイドリアン・スーティル(フォースインディア):648.0kg
19 ティモ・グロック(トヨタ):652.0kg
20 ジャンカルロ・フィジケラ(フォースインディア):679.5kg

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 00:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/68-5736a89d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。