F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

信頼性に不安を抱えるポールのベッテル

「最後まで持つといいんだけど・・・」
vettel-shanghai-z-06_170409.jpg
今年初ポイントを目指すベッテル

中国GPのポールシッター、セバスチャン・ベッテルは日曜日のレースを前に、マシンの信頼性に不安があることを明らかにした。

最低限の周回数しか走らずにトップタイムをたたき出したベッテルの予選戦略は、プレッシャーの中での彼の“冷静さ”だと賞賛されたが、実際のところ、彼はテクニカルトラブルを抱えていたようだ。

ベッテルとチームメイトのマーク・ウェバーはドライブシャフトのトラブルで足止めされ、フリー走行の時間を失っているが、ベッテルのマシンは予選の第1ラウンドで同じ不具合に見舞われたという。

「残りの予選、最後までクルマが持たないんじゃないかと本当に心配だった。だから、最小ラップで戦うことを決めて、なんとか最後まで切り抜けようとしたんだ」とベッテルは語っている。

彼はまた、レースでの再発も不安視していることを認めている。

「チームがうまく直してくれて、最後まで持てばいいんだけど」と彼は語った。「3回目のプラクティスでは2人とも同じ問題が起きていたんだ。予選でトラブったのは僕だけで、マークのクルマは聞いた限りでは大丈夫だったみたいだ。明日は2台ともトラブル無しでいきたいよね」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/69-afd479dd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。