F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブリアトーレ ブラウンGPの分配金を批判

121393.jpg
ルノーのチーム代表、フラビオ・ブリアトーレは、ブラウンGPチームが2009年に多額のF1放映権料を受け取る権利があるという事実に対して自分の意見を表明した。彼は、ブラウンGPは新しいチームなので、以前ホンダが受け取っていた金額を受け取る権利はないと考えている。

ブラウンは最高で3千万ユーロを受け取ることが可能だ。これは、ホンダが以前のままレースに参戦していれば受け取れたはずの金額である。しかしブリアトーレは、今は新しいオーナーであるロス・ブラウンの元に新チームになっているので、彼らはその金を受け取るべきではないとし、その金額を残りのチームで分けあって、今シーズンのディフューザー問題でかかる余計な費用をそれでカバーすべきだと主張している。

「何人かが反対しているにも関わらず、モンテツェモーロはFOTAがブラウンGPを支持するように仕向けているし、マクラーレンも彼らにエンジンを供給しているのでそれに同調している」とブリアトーレは中国で語った。彼はフォーミュラワンチーム協会(FOTA)がブラウンGPの生き残りを支えているとし、このチームが約3千万ユーロを受け取るのは間違っていると述べている。FIAはこのチームがただ単に名前を変更しただけでなく、今年できた全く新しいチームと見なしているため、ブラウンGPがこの金を受け取れる保証はない。だが、ルノーはそれでもなおその点をはっきりさせたいと考えているのである。

「だが、チームオーナーのロス・ブラウンはFOTAの技術代表であり、彼のせいで私は予算になかった金を使う羽目になった。そして、幸運なことにホンダの金がまだ分配されていないので、これから会議をすることになるだろう」とブリアトーレは続けた。「私の提案はこうだ。ブラウンは他の誰よりも金持ちだ。なぜなら、彼のチームはホンダが完全に賄ったものであり、彼自身も私よりきっと金持ちであるだけでなく、ホンダから1億3千万ユーロを受け取っているからだ。私はロビン・フッド(反体制派)になるつもりはないが、すべてが透明になるならそれがいい」

「今の私は、金の配分を全面的に見直すべきだという立場だ。予算から(ディフューザー開発の)金をひねり出さなければならないし、みんながブラウンのクルマから1秒も遅れたままでシーズンが終わることはあり得ないからね」

「FIAが言ったことを思い出してみよう。FIAは、このチームは新チームであると言っており、我々も彼らに賛同した。これは実際、新しいチームなのだ。ホンダは公式にF1を撤退すると言っており、チームはブラウンホンダという名前ではない。ただのブラウンなんだ。だから、この点で私はFIAの言っていることは正しいと思う。バーニー(エクレストン、FOM)はこれを否定している。彼はチームが金を受け取って、それを彼に送金することを望んでいるからだ。ブラウンはアピールが非常にうまい。だからFIAは彼が正しいと言う。FOTAの商業議長として、私は、ブラウンGPが新チームであるというFIAの見解に従い、3年間は輸送や他のいっさいの権利がないと考えるべきだと思っている」

ブリアトーレはさらに、12月にFOTAだ出した「ブラウンGPはすべての金を受け取ることになるだろう」という見解に関する質問にも答えた。「あれはクリスマスのことだろう。もうクリスマスは終わった。そういう話はまた次のクリスマスにでもするよ。彼らは新チームであり、我々が新しいチームで参戦したときと同じようにすべての規則に従わなければならない。私はこれをFOTAに提案してみるつもりだよ」

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 17:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/73-a05f5724

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。