F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厳しい戦いを強いられたウィリアムズ

中国GP - ウィリアムズ - 決勝
rosberg-shanghai-z-wri-07_180409.jpg
タイヤ選択のギャンブルで
ポイントの望みが消えたロズベルグ

前戦マレーシアGPに続き、今週末の中国GP決勝レースも雨が降った。雨はレース開始から終了まで降り続け、コンディションは難しいものとなった。

レースはセーフティカー先導でスタートしたが、これがニコ・ロズベルグの戦略に影響した。燃料が少なかったために、序盤にピットインして7番手の座を失うこととなったのだ。それがレース最後まで影響し、ロズベルグは15位でレースを終えている。

中嶋一貴はレースで輝くことなく終わってしまった。何度もコースオフを喫した中嶋は43周目に、ウィリアムズにとっては今シーズン初のメカニカルトラブルに襲われてリタイアとなった。

難しい1日になったが、時を同じくしてチームは、28年間勤務を続けてきたジム・ダグラスが亡くなったという悲しい発表も行っている。

ニコ・ロズベルグ

「今日もっとも大きな問題だったのは、ヘルメットバイザーの内側に水滴がついてしまったことだ。走っているときは水滴を取れなかったから、ほとんど視界がなかったよ。バイザーの曇り止め装置が機能しなかったんだ。以前にも同じトラブルがあったんだけど、今回もそれを解決することができなかった。残り15周という時点でいいポジションにつけていなかったから、チームにインターミディエイトタイヤ交換が可能か聞いてみたんだ。それで実行してみた。最初の数周は良かったよ。かなりいい感じだったんだけど、その後雨が多く降り始めてしまって、ダメになってしまった。バーレーンはわずか1週間後だけど、いい結果を期待している」

中嶋一貴

「今日はトランスミッションに問題が発生してしまい、レースを完走することができませんでした。今日は視界不良がひどく、本当に難しかったです。水たまりもたくさんありましたし、コース上にマシンをとどめておくことだけでも大変でした。特に最終コーナーの出口がひどかったです。何回もミスしてしまいましたが、どのドライバーも同じ状況だったようですね」

パトリック・ヘッド(エンジニアリングディレクター)

「最初のセーフティカーラップがもっと長引くと予想したため、われわれはニコ(ロズベルグ)をピットに呼び寄せ、早めに給油することに決めた。しかし予想よりも早くセーフティカーがコースを離れてしまい、ピットストップを終えた1周後にリスタートとなってしまったんだ。その後はわれわれと同じようにピットストップを行ったアロンソ(フェルナンド・アロンソ/ルノー)に対してペースを保つのが難しかった。さらにカズキ(中嶋)のマシンにはギアボックストラブルも発生して、彼はリタイアとなった。今日のわれわれはいいパフォーマンスを発揮できなかった。ピットストップのタイミングも間違えたが、今後は状況判断をしっかりして改善しなければならない。技術トラブルが原因でリタイアするのは、われわれにとってはまれなことだ。バーレーンではより良いパフォーマンスを期待している」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 21:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/84-a8401e95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。