F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フォースインディア 新型ディフューザーとフロアを投入

122727.jpg
フォースインディアチームは、今週末のバーレーンGPでVJM02マシンに2つの大きな変更を施すことになった。チームは改良型フロアと暫定的なディフューザーをつけたクルマをサクヒールで走らせる予定だ。

チーム代表のヴィジャイ・マルヤは、VJM02の変更はチームにとって後押しになると考えている。「新しいフロアや暫定的なディフューザーを含めて、バーレーンGPに向けて明らかな空力のアップグレードを導入する予定だ。また、フロントウイングには新しい補助ウイングを使う予定であり、改良されたリアエンドをつなぐための再構築されたサイドポッドを使用する予定だ。今回のアップグレードはVJM02をデビューさせた時から空力サイクルのスケジュールの一部として予定していたもので、チームが順調に進歩することを表すだろう。他のチームも進歩することは予想しているが、今回の更新によって彼らとレースをしていくことができると期待している。

中国GPでエイドリアン・スーティルが初ポイント獲得に近づいたが、それでも今回のチャンスについては現実的に考えている。「いつものようにポイント獲得は非常に難しいとわかっているので、このことはバーレーンでの目標にはならない。確かに、エイドリアンは誰もが予想していたよりも早く我々の最終目標にかなり近づいたが、中国GPを通常フォームの指標として見なしてはいけない。そのかわり今一度信頼性と一貫性に集中しなければならないが、状況が許せば狙っていくだろう」

(GP UPDATEより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 15:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/90-8efd8210

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。