F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ロズベルグが最速! 1.5秒以内に全車がひしめく

バーレーンGP - 金曜フリー走行2回目
rosberg-sakhir-z-06_240409.jpg
初日の最速タイムはロズベルグがマーク

24日(金)日本時間20時(現地時間14時)から、2009年F1世界選手権第4戦バーレーンGP金曜フリー走行2回目(90分間)が、バーレーン・サヒールのバーレーン・インターナショナル・サーキットで行われた。

セッション開始時のコンディションは気温36℃、路面温度50℃、天候は晴れ。フリー走行1回目ではブリヂストンが供給する2種類のドライタイヤ、ハードタイヤ(ミディアムコンパウンド)とソフトタイヤ(スーパーソフトコンパウンド)が登場したが、ソフトタイヤを使用したチームは少なかった。

そのフリー走行1回目ではルイス・ハミルトン(マクラーレン)が1分33秒647をマーク。ちなみに昨年のバーレーンGP金曜フリー走行2回目では、1分31秒420がトップタイムだった。

セッションスタートとなり、トヨタ、ウィリアムズ、フォース・インディアなどがコースイン。中国GPウイナーのセバスチャン・ベッテル(レッドブル)やフェリペ・マッサ(フェラーリ)、フェルナンド・アロンソ(ルノー)もガレージを離れた。

まずはジェンソン・バトン(ブラウンGP)が1分35秒558をたたき出してトップタイムをマーク。その後ルイス・ハミルトン(マクラーレン)がセクター 1、3で最速タイムを刻んだものの、セクター2のターン8でオーバーランしてしまい、タイム更新ならず。それでも1分35秒388をたたき出してバトンを上回った。

その後、ジャンカルロ・フィジケラ(フォース・インディア)がハードタイヤでトップタイムをマーク。1分35秒343を刻んできた。また、ルノーのネルソン・ピケJr.のフロントウイングがステーから外れかけ、ピットインを余儀なくされた。

セッション開始から20分ほどが経過するとトヨタの2台がソフトタイヤでアタック。まずはティモ・グロックが1分34秒377をたたき出し、遅れてタイム計測を行ったヤルノ・トゥルーリが1分33秒967を刻んでトヨタが1-2態勢となった。グロックはその後、1分33秒787までタイムを更新している。

セッション最初の30分間を終えると、トゥルーリが1分33秒699をたたき出してトップタイムを再び奪った。グロックから0.088秒差だ。3番手にルーベンス・バリチェロ(ブラウンGP)がつけたが、こちらは1分34秒台だ。5番手にエイドリアン・スーティル(フォース・インディア)がつけた。

セッションは約半分を終え、ソフトタイヤを履く中嶋一貴(ウィリアムズ)が3番手、ジェンソン・バトン(ブラウンGP)が4番手タイムをマーク。この時点では、ルノー勢がピケJr.が1分36秒010で19番手、アロンソが1分36秒333で20番手と下位に沈んでいる。同様にBMWザウバーもロバート・クビサが16番手、ニック・ハイドフェルドが18番手。またフェラーリもフェリペ・マッサが15番手、キミ・ライコネンが17番手という状況となっていた。

その後ニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)が1分33秒339をたたき出し、トップタイムをマーク。セバスチャン・ベッテルとマーク・ウェバーのレッドブル勢が3、4番手に浮上した。

終盤になると各マシンがソフトタイヤを履き、アロンソがセクター1、3でファステスト! 1分33秒530という2番手タイムを刻んだ。最後の2分間は全20台のマシンがコースに出てタイム計測を実施するという状況になった。

セッションはそのまま終了。バーレーンGP金曜フリー走行2回目のトップタイムは、ウィリアムズのニコ・ロズベルグがマークした。タイムは1分33秒339となり、フリー走行1回目からは0.3秒ほど削られたトップタイムとなった。

2番手にアロンソ、3番手にトゥルーリ、4番手にベッテル、5番手にウェバー、6番手にバトン、7番手にスーティル、8番手にグロック、9番手にバリチェロ、10番手に中嶋と続いている。

このセッションではトゥルーリ、グロック、ブエミの3人が37周という最多周回数をマーク。トヨタ勢の走り込みが目立った。

バーレーンGP土曜フリー走行は、25日(土)の日本時間17時(現地時間11時)からスタート。お楽しみに!

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 23:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/98-7f61b601

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。