F1・F1・F1

F1・motoGPのニュースを色々と…

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

バーレーンGP初日ドライバーコメント

2回のフリー走行を終えて
ambiance-sakhir-z-wri-04_240409.jpg
初日を制したのはロズベルグ

バーレーンGP初日の作業が終了したが、フリー走行2回目のトップタイムをマークしたニコ・ロズベルグ(ウィリアムズ)から最下位のニック・ハイドフェルド(BMWザウバー)までのタイム差は、1.5秒という僅差であった。

【マクラーレン】

ルイス・ハミルトン

「ここでは間違いなくかなりいいバランスになっている。セッションスタートから路面はかなりグリッピー(グリップする状態)だったし、プライムタイヤでの走りはかなり一貫していた。どちらのセッションも一貫性があったし、かなり生産的だったよ。全体的にかなり混戦しているけど、僕たちは着実に前進している。今週末は何も新しいものを持ち込んでいないし、大幅な進歩はないけれど、僕たちの目標はもっとポイントを獲得することだ」

ヘイキ・コバライネン

「フリー走行の最初から路面がグリッピーだったのはビックリだったけど、ピットレーンがかなり汚れていて滑りやすくてホイールをロックしてしまいやすかった。旧型スペックのフロントウイングの方が僕はもっといいと思うんだけど、もうちょっと評価する必要があるかもね。今回も僕らは進歩を遂げられたし、上海からマシンを改善させられた。キツイ停止と長いストレートがあるこのサーキットは僕たちのパッケージに本当に合っている。最後のセッション後半に僕の KERSがとまってしまったから、本来よりも僕のラップタイムはコンペティティブじゃなかったんだ。でも、予選ではもっと競争力があることは間違いないと思っている」

【フェラーリ】

フェリペ・マッサ

「確実に良くない1日だった。レースに向けて作業をしたんだけど、明日と日曜日に向けてマシンのハンドリングをもっと改善しなきゃダメだ。ハードタイヤを使いこなすのはかなり難しかったけど、ソフトタイヤはかなりいい感じだ。瞬時にパフォーマンスを発揮できるだけじゃなく、距離を重ねても悪くないよ。 KERSが助けになったと思う。KERSがなかったらもっと遅かったはずだ。最後のソフトタイヤセットを履いた時に、最終コーナーでミスしちゃって0.3 秒ほど失った。現時点では忍耐強くあるべきだろうし、この状況で可能な限りトライしなきゃね」

キミ・ライコネン

「ライバルチームの燃料搭載量についてはわからないけど、僕らが期待していたほどに速くないのは明らかだ。でもこの状況下でベストを尽くすべくトライするよ。とにかく、この週末の展望も過去数戦とは変わらないってことがわかったんだ。今日は2種類のタイヤを使って走り、マシンセットアップ作業にもかなり時間をかけた。たくさん収集できたデータをこれから分析するつもりで、レースに向けて可能な限り準備したい。難しい週末を予想している」

【BMWザウバー】

ロバート・クビサ

「いつもの金曜日だったよ。タイヤコンパウンドを比較して、マシンバランスの改善に努めたんだ。それからKERSのセットアップも行ったけど、ここは気温がかなり高いからチャレンジングだよね。これからデータを分析して、明日に向けて改善したい」

ニック・ハイドフェルド

「午後よりも午前のセッションのほうがいい感じだったね。このサーキットではソフト寄りのオプションタイヤを履いた時とハード寄りのプライムタイヤを履いた時のマシンバランスの違いがかなり大きいんだ。マシンセットアップにとってはかなり難しい状況となっているよ。それからブレーキのスタビリティも得られなかったし、路面には十分なグリップ感がなかった。でもこれはバーレーンの金曜日としては普通だね。これからすべてのデータを分析し、明日どうなるか見てみよう」

【ルノー】

フェルナンド・アロンソ

「今日は路面がすごく熱かったし、マレーシアで経験したよりも暑いコンディションだった。だからまずはレースに向けたブレーキ冷却の評価作業に集中し、この気温できちんと機能するようにタイヤコンパウンドの比較作業も行ったよ。今日の作業には満足しているし、プログラムを完了することもできている」

ネルソン・ピケJr.

「堅実的に週末をスタートすることができた。初めて新型ディフューザーを装着して走ったけど、それがどのぐらいのパフォーマンスをマシンに与えるのか判断するのは難しいよ。明日のフリー走行ではさらにマシンを改善しなければならないと思うけど、今日得られた効果的なデータを生かしたいね。予選でも力強いパフォーマンスを発揮したいけど、この調子じゃトップ10に入るのはかなりタフなことになりそうだ」

【トヨタ】

ヤルノ・トゥルーリ

「このサーキットでは冬のテストでたくさんの情報を収集したが、今日のコンディションはテストの時とは全く異なっていた。ずっと高い気温に合わせ、いくつかセットアップを変えなければならなかった。また、テストの時より、クルマが滑ったが、たぶん、他のチームのドライバーも同じように感じていると思う。今日はいつものように、タイヤのテストとセットアップのプログラムをこなした。ドライバビリティがもう少し必要だけど、決勝に向けて悪くないスタートができたと思う」

ティモ・グロック

「ここでの冬季テストでは安定的したペースを刻め、良かったが、今日は運転が難しかった。ラップタイムは悪くないけど、特に周回を重ねた時の車のバランスが、あまり良くないように感じた。ブレーキングの感触も、もう少し良くしたい。明日からの方向性を整理し、クルマを有るべき状態に戻す為に、われわれは今晩も遅くまで頑張らなければならない」

【トロ・ロッソ】

セバスチャン・ボーデ

「午前から午後のセッションにかけて路面がかなり変化していて、2種類のタイヤを評価するのが難しかった。プライムとオプションの違いは路面温度の上昇にかなり関連しているように思う。だから、午後はコンディションが変わっていたから、僕らがマシンに施した変更の効果を評価するのが難しかったんだ。だけど、いつもそうだけど、まだ金曜日だから予選までは他のチームに比べて自分たちがどこにいるのかを評価するのは不可能に近い。13番手と14番手は明日の結果に望む場所じゃないけど、この後一生懸命がんばってあとは成り行きを見守る」

セバスチャン・ブエミ

「こういう高温だと誰にとっても難しいとは思うけど、僕たちはこの熱さに対応できるように、できる限り準備している。まだ改善するための作業は必要し、他のマシンがどれだけの燃料を積んで走っていたのか分からないから、自分たちのラップタイムが意味するものを読み取るのは難しいけど、現時点ではマシンの感触はいい。いつだってもっと良くなれるものだし、低速コーナーの出口に向かってトラクション不足で、ブレーキング時にはフロントホイールをロックしちゃったけど、マシンには満足している」

【レッドブル】

マーク・ウェバー

「日曜日の上海とはまったく違うコンディションだったよ。いつもどおり完全なドライコンディションだし、マシンバランスを整えるのはチャレンジングだった。生産的な金曜日を過ごすことができ、2種類のタイヤを履いた時はどちらもわるくなかったよ。ペースに関しては、金曜日にだれが速いというのは難しい。だけど僕らがふたたびいい感じだと良いと思うし、日曜日の決勝レースでいい結果を手にしたいね」

セバスチャン・ベッテル

「普通の状態に戻ったね。先週末は最高だったけど、今日はやらなきゃいけない仕事がたくさんあるよ! とにかく、今週末のバーレーンにしっかり集中できたんだ。今日はいつもどおりの金曜日となり、プログラムをほぼ完了することができたしマシンにトラブルもなかった。パフォーマンスに関しては、コメントするのが難しいね。だけどマシンはいい感じだったよ。午前中はいいバランスを見つけるのに苦労したけど、午後には改善できた。これからデータを分析して明日改善できるようにしたい。ピットを出る時に感じた今日の暑さには誰もが驚いたことだろう。まるで誰かに熱いドライヤーで顔に風を当てられているかのようだった。だけどヘルメットバイザーは開けるより閉めていたほうが良かったね。開けていると熱い空気が入ってくるんだ」

【ウィリアムズ】

ニコ・ロズベルグ

「この時点でのパフォーマンスは、ほかの週末と比べることしかできないだろう。そう考えれば、僕らは悪くなさそうだね。今日はたくさんのセットアップ作業を行い、すべてに満足できた。前進することができているようだね。チームはバーレーンに新しいパーツを持ち込んでいて、それらがよく機能しているようだ。だからクルマの開発で懸命な作業を続けてくれた空力部門のみんなに感謝しているよ。このレースでは何かプラスのことができるだろうと強く確信している。だからクルマにふさわしいポイントを獲得する」

中嶋一貴

「今日はそれほど悪くはありませんでしたが、ニコ(ロズベルグ)と比べてペースが少し不足しています。どこでタイムをロスしたのかを探して、明日の予選で取り戻すために、これからエンジニアたちとディブリーフィングをするつもりです。サーキットのコンディションは走行を重ねるごとに向上していったので、良かったですね。本当に暑いんですが、耐えられる範囲内ですよ」

【フォース・インディア】

エイドリアン・スーティル

「午前中のコースコンディションはかなり汚れていたし砂ぼこりにまみれていたけど、午後にはかなり改善された。ソフトタイヤを試したけど、安定性にかなり貢献してくれそうな感じだった。金曜日としてはかなりいいバランスだけど、まだ100%満足しているわけではないよ。これからも全体的なセットアップとブレーキに関して作業しなければならない。アップデートパッケージは助けになっていると思う。それは午後の僕のポジションを見てもわかるだろう。金曜としては最高のポジションなんじゃないかな? もちろんこの段階で結論を言うことはできないけど、マシンのフィーリングはいいし明日が楽しみだ」

ジャンカルロ・フィジケラ

「今日は満足しているし、マシンにはかなり快適さを感じられたよ。いくつかアップグレードを投入したおかげで、前進できたように思えるんだ。マシンの安定感は増したし、ライバルたちとのギャップを減らすことができたと思うけど、明日を見てみなきゃいけないね。チームは素晴らしい仕事をしてこのパッケージを築いてくれたし、明日の予選でどのあたりのグリッドを手に入れられるか楽しみにしている」

【ブラウンGP】

ジェンソン・バトン

「今日のバーレーンはすごく暑かったけど、通常通りのプログラムを進行した。テストは成功のうちに完了することができ、このサーキットで最適なマシンバランスを見つけ出すために、さまざまなセットアップの比較評価作業も行えたよ。暑さは厳しかったけど、このレースのために十分準備してきたし、ドライコンディションで週末を過ごすことを楽しみにしているんだ。初期評価からペースはいい感じに見えるし、明日の予選は接近した激しいバトルになるだろう」

ルーベンス・バリチェロ

「今日はいいバランスを見つけるのがとても難しかった。でも全体的にやり終えた作業には満足しているよ。とてもコンペティティブに走っているけれど、僕たちの周りの他のクルマも速いから、明日の予選を前にまだやるべき作業があるね」

(F1-LIVE.comより)

スポンサーサイト

| Formula 1 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://formula1blog.blog16.fc2.com/tb.php/99-6da4307e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。